賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【質問】
 旅行代理店が募集していた海外旅行に申し込んだときのことです。旅行会社が最初に示していた金額が誤りであると、後になって訂正してきました。このようなミスは消費者には困る問題です。費用・料金問題を相談する関係機関としては、どんなところがあるでしょうか。アドバイスをください。

【回答】
 まず問題は、契約が成立しているかです。契約は申し込みと承諾で成立しますが、業者の募集は申し込みの誘引であり、契約の申し込みではありません。たとえば、あなたの申し込みを業者が承諾して契約が成立したとします。標準旅行業約款では、電話やFAXによる予約の場合、業者からの承諾の通知があって契約に至るとされています。

 大抵の場合、旅行代金の支払いが契約成立の条件になるようです。インターネットを使ってクレジットカードで申し込む場合、クレジット会社へ取引照会などした上で、業者からほぼ瞬時に返信がありますが、承諾の返信があれば、その時点で契約が成立します。

 金額を訂正してきたのが、電話を入れて手続きを待っている段階であれば、まだ契約が成立しておらず、金額訂正も可能です。嫌なら旅行を諦めるしかありません。ただし、業者が直ちに訂正せず消費者に期待を持たせ、他の旅行予定へ変更機会を奪う結果になった場合には問題があります。

 契約成立後は金額訂正できませんが、民法第95条で「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする」と定められ、例外的に契約が無効になることがあります。何が要素の錯誤かについては議論がありますが、代金額は旅行契約の要素です。

 10万円のところを1万円と募集に書き間違えたような場合には、表示に「錯誤」があって無効という理屈が成立します。しかし、この規定には「重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない」と例外の例外があります。となると、今回の場合、業者に重過失があり、無効は主張できないと思います。それでも、旅行業者の金額訂正に納得できないときは、消費者センターや業界団体の消費者相談窓口で助言を得るのがよいでしょう。
(ヤフーニュース)

基本的に業者は泣き寝入りを狙っています。

納得できない時は、自分ひとりで解決しようとはせず、専門家の力を借りるようにしてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/396-3f5c305a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック