賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 財布をなくした。さらに、何者かにキャッシュカードで預金を引き出され、クレジットカードでゲーム機などを購入されていた。預金についてはカードの盗難でない場合は全額補償されないという。暗証番号を生年月日にしていたのが致命的だった。不注意なのは分かっている。でも、やっぱり腹が立つ。「お金が戻ってこなくても、せめて犯人を突き止めたい」。そんな思いでカードの使用履歴をたどると、防犯カメラに預金を引き出す30代くらいの女が映っているのを見つけた。姿を見ると、また怒りがこみ上げてきた。「絶対許せない!」。

 ■「使われたりしてませんよね」

 7月6日金曜日。アイスクリームが食べたくなり午後6時半ごろ、大阪・ミナミの店で買い物をした。その後、取材に向かい、午後10時ごろ、大阪市内に戻ったところで、財布がないことに気付いた。バッグや車内になく、店に戻って探したが見つからなかった。

 財布には現金1万円のほか、クレジットカード2枚、銀行のキャッシュカード3枚が入っていた。

 「万が一のことがあったら」と思い、カードを使用停止にするため、クレジットカード会社に連絡。名前や生年月日などで本人確認された上で、使用停止の手続きを依頼した。

 そのとき、何気なくこう尋ねてみた。

 「使われたりしてませんよね?」

 担当者は「5万2614円の利用があります」。

 頭が真っ白になった。

 「それ、私じゃない。いつ?どこで?」。思わず声が大きくなった。

 慌ててもうひとつの会社に連絡したが、結果は同じだった。

 動揺する自分を落ち着かせ、冷静になってみた。「キャッシュカードは暗証番号が分からないと使えない。大丈夫だろう」。

 銀行にも同じように使用停止を連絡。すると、銀行担当者はけげんそうな声で、こう言った。

 「お客さま、全額出金されていますが…」

 ■マスク姿の女が引き出し

 使用停止の手続きに約1時間くらいかかり、深夜になって、大阪府警南署に遺失届を出した。

 同時に、捜査に役立つだろうと、自力で調べられることは調べることに。カードの使用停止は24時間対応の窓口でできたが、使用履歴の把握などは営業時間帯に限られるため、週明けの月曜日、銀行とカード会社に電話をした。そして不正使用の履歴が判明した。

 まずはクレジットカード。

 《午後7時28分、駐車場で200円》

 《同48分、ゲーム販売店で5万2614円》

 《同51分、同店で5万4957円(未遂)》

 《午後10時24分、駐車場で200円》

 《同30分、駐車場で900円》

 《同11時54分、衣料品店で3万7100円(未遂)》

 《同55分、同店で7万7千円(同)》

 ゲーム販売店の2回目の利用はカード会社のセキュリティーが働き、午後11時54分以降の2回は使用停止後だったため、いずれも決済されず、実際に支払いがあったのは計4回だった。

 一方、銀行2口座のキャッシュカード。

 《同8時27分、7万2千円》

 《同29分、7千円》

 いずれも堺市内のコンビニの現金自動預払機(ATM)で引き出されていた。

 この結果を元に、まず、コンビニにATMを置いている銀行に問い合わせをした。防犯カメラに犯人が映っている可能性があると考えたからだ。しかし、個人情報などを理由に警察以外には映像は見せられないと断られた。

 それならば、とコンビニに連絡。被害にあった事情を説明すると、オーナーが入り口正面のカメラ映像を見せてくれた。普段の事件取材でも閲覧できることは多くなく、オーナーの対応に非常に感謝した。

 映像を見る。時刻が、最初に預金が引き出された6日午後8時27分を示すころ、女がATMに向かった。30代くらいでマスクをつけ、眼鏡をかけている。左手で顔や額のあたりを触っていて、どうも怪しい。コンビニを出たのは午後8時半。まさに2口座から引き出された時間帯だった。

 引き出した人物が分かるとますます腹が立った。一方、過去の取材経験では、こうした事件の容疑者は男の場合が多く、女だったことに驚いた。

 オーナーの好意で映像を接写させてもらい、カードが使われたゲーム販売店の店員に画像を見てもらうと、「似てる気がする」。女は30~40代の男と来店し、新作のゲームソフト3個とゲーム機をカードで購入。暗証番号を入力する形でなく、伝票に女が私の名前をサインしたという。

 店員は「漢字のチェックはするが、筆跡は確認しない。今回も特に不審には思わなかった」。同じものを2セット購入しようとしている点から、南署員は「換金目的で転売しようとしたのでは」と指摘する。

 ■暗証番号が生年月日は「自分の過失」

 今回一番ショックだったのは、いとも簡単にキャッシュカードを使用されたことだった。それもこれも、暗証番号を生年月日にしていた自分のミスだ…。

 預金が引き出された銀行によると、女は暗証番号を間違えることなく、1回で正確に入力し、残高照会をしていた。財布の中に、生年月日が記されたメンバーズカードか何かを一緒に入れていたのかもしれない。

 各銀行では、生年月日を暗証番号にしている場合、本人に過失があると認められて補償額が減額される可能性があるとして、注意喚起している。

 ただし、これはカードの「盗難」のケース。私の場合は、もっと深刻だ。

 カードを落としたのか盗まれたのか、状況がはっきりしない。銀行によると、確実に「盗難」とはいえないため、「偽造・盗難カード預金者保護法」に当てはまらないといい、預金が補償される可能性はまったくないのだという。

 全国銀行協会によると、平成23年度の盗難キャッシュカードの不正払戻金額は6億2200万円。18年度の約3割で、大きく減少している。とはいえ、それでも暗証番号を生年月日にしたり、ATMを利用している際にのぞき見されたりして、不正に引き出されるケースは依然多いという。

 銀行の担当者には「生年月日や電話番号など他人が推測しやすい番号は絶対に避けてほしい。番号が分かるものをカードと一緒に保管することもしないで」と注意された。

 一方、クレジットカード会社の担当者は注意点として「基本的にカード本体と署名があれば使用できる。紛失や盗難にあったらすぐに使用停止し、履歴を確認してほしい」としている。

 財布をなくした喪失感、現金を引き出された怒り、カード会社に問い合わせたり警察に出向いたりする労力…。「暗証番号を生年月日にさえしなければよかった」と後悔ばかり。「あんたが悪い」。こんな周囲の視線が痛い。
(ヤフーニュース)

暗証番号を生年月日にするようなことはやめましょう。こういったことがあった時に、「あなたが悪い」というような印象を与えてしまいます。

もっと不正を防止する対策をとらない銀行やクレジットカード会社等も問題ですね。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/30(月) 13:11:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/380-2a623258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック