賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いつ、誰が被害に巻き込まれるか分からない凶悪犯罪。加害者の人権は配慮される一方で、ないがしろにされることの多かった被害者に対しては近年ようやく、被害者参加制度の導入など主として刑事裁判への参加を中心に権利拡充が図られてきた。しかし、被害者が求めるものは、加害者の適切な処罰だけではない。家計を支える大黒柱を失ったことによる生活苦、心身の深刻な後遺症にかかる治療費…。犯罪によって生じた経済的損害に苦しむ被害者は少なくない。背景には、たとえ訴訟を起こしても加害者側から弁償を受けられない現状があり、国が被害を補償する制度の導入に向けた議論が進められている。

■まるであり地獄

 「事件のせいで、人生設計が完全に狂った。借金はなくならないし、これからどう生活していけばいいのか。あり地獄のようだ」

 妻が殺人未遂事件の被害に遭った「全国犯罪被害者の会(あすの会)」代表幹事の林良平さん(58)は頭を抱える。

 林さんの妻、裕子さん(51)は平成7年1月、大阪市西成区で、勤務先からの帰宅途中に見知らぬ男(62)からいきなり包丁で腰を刺され、重傷を負った。17年が過ぎた現在も後遺症のため歩行が困難で、移動には車いすが必要だ。通院治療も続き、痛み止めのモルヒネなど10種類以上の薬を常用する。

 事件後、林家の生活は一変した。裕子さんは看護師として病院に勤務していたが、退職を余儀なくされた。林さんも看護のため、経営していた鍼灸院の規模を縮小した。「事件前と比べ、実収入は半減した。住宅ローンも残ったままで、治療のための借金も増えた」という。

 一方、裕子さんを刺した男は公訴時効成立後に居所が分かり、事件への関与も認めたが、不起訴処分とされた。その後も夫妻への謝罪や被害弁償は一切なく、夫妻は4500万円の損害賠償を求めて大阪地裁に男を提訴。今年3月に全面勝訴したが、男は再び所在不明になっており、支払われる見込みがないのが現状だという。

■「提訴はムダ」の現実

 そもそも、犯罪被害者が加害者側に損害賠償を求めて訴訟を起こすには、一定のハードルがある。時間も費用もかかる上、加害者側が事実関係や賠償額を争えば法廷で証言しなければならないこともあり、心理的負担も大きい。

 被害弁償の状況について、平成9~11年に有罪判決があった事件を対象に法務省が行った調査では、殺人・傷害致死事件の被害者遺族の75%以上が、加害者側から被害弁償が全くないか、一部しか支払われる見込みがない、と回答。にもかかわらず36%が「加害者への訴訟を起こしておらず、今後も起こすつもりはない」としており、理由として、「これ以上相手と関わりたくない」「相手に資力がなく、損害が取り戻せない」などを挙げた。

 訴訟を起こす以外に、被害者側が加害者の破産申し立てを行い、賠償を得ることに成功した事例もある。大阪府内で複数の男女が殺害されるなどした事件では、破産手続きを活用することで加害者の逃亡や財産隠しによる“逃げ得”を許さず、被害者や遺族ら15人は総額2億数千万円の支払いを受けることができた。

 とはいえ、加害者側に賠償に充てるだけの資産がなければ、訴訟を起こしても破産申し立てをしても、支払いを受けられないことに変わりはない。林さんのケースのように、加害者が行方知れずになってしまうことすらある。

 林さんは訴える。「どうして国は、私たちを救ってくれないのか」

■“見舞金”は自賠責並み

 国による犯罪被害者への経済的支援策としては、すでに昭和56年、犯罪被害給付制度が導入されてはいる。国が被害者や遺族に給付金を支払うもので、徐々に支給額の引き上げや支給対象の拡大が進められ、昨年度の支給総額は初めて20億円を突破した。

 しかし、支給額の上限は交通事故の自賠責保険並み。その上限額でさえ満額支給されることは少なく、労災の適用を受けたり、加害者からわずかでも賠償を受けたりすれば、その分が減額もされる。そもそも、被害者の立ち直りを支援する「見舞金」という位置づけのため、犯罪によって受けた損害を補償するという発想にはない。

 一方、欧米では1980年代には、加害者からの賠償が受けられなければ国が肩代わりすべきだ、という発想に立つ補償制度が多くの国で導入された。

 ドイツの場合はさらに踏み込み、「市民の安全を守れなかった責任は国家にあり、被害は国家が補償すべきだ」という理念に基づく犯罪被害者補償法が76年に成立した。加害者からの賠償の有無にかかわらず、ドイツ国内で起きた暴力犯罪による被害者には年金を支給する制度で、2010年4月現在の受給者は1万8100人に上るという。

■「国の責務」の行方は

 これまで国内における犯罪被害者の権利拡充は、あすの会を中心とした被害者自身が声を挙げることで、少しずつ前進してきた。その成果の一つで、平成16年に成立した犯罪被害者等基本法では、犯罪被害者の被害回復を支援する施策をとることが「国の責務」と規定された。

 これを受けて内閣府に設置された「犯罪被害給付制度の拡充及び新たな補償制度の創設に関する検討会」では、現在、従来の給付制度の拡充だけでなく、諸外国の制度を参考にした補償制度の創設の是非が有識者らによって議論されている。5月14日に開かれた第6回会合では、40歳の妻子ある男性会社員が死亡した場合など複数のモデルケースを設定し、それぞれの国の制度ではどの程度の補償がされるかを具体的に試算して比較した。

 常磐大大学院の諸沢英道教授(被害者学)は「加害者に確実に賠償させる仕組みがないのが問題」とした上で、「加害者が賠償できない現状がある以上、そうした場合には国が肩代わりするような制度の導入を図るべきだ」としている。
(ヤフーニュース)

こういった自分ではどうしようもない借金に対して、国は守ってくれないのでしょうか?

年収5千万円の芸人の親は生活保護受けれるのに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/353-e1384fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック