賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アダルトサイトの架空請求・ウイルス感染で、大きな被害が出ている。110万人がウイルス感染、そのうち1万人がお金を払ってしまい、被害総額は6億円に達すると見られている。(ITジャーナリスト・三上洋)

■アダルト動画サイトで1万人がだまされ、6億円の被害

 アダルトサイトでの架空請求・ワンクリック詐欺で、大きな被害を与えた容疑者が逮捕されている。京都、埼玉、和歌山3府県警が、1月18日に東京都世田谷区太子堂、ネット広告会社社長・堀本真也容疑者ら6人をウイルスを使ったとして逮捕。さらに別の被害者に対する容疑で、2月8日にこのグループのメンバーを再逮捕した。

 京都府警によると、このグループが使っていたパソコンを解析した結果、ウイルス(不正なプログラム)によって、110万人が料金請求の画面を消せない状態にされていたとのこと。このうち約1万人が指示通りに振り込んでしまい、被害額は6億円にも達すると見られている。

 110万人もがウイルスに感染し、高額な料金請求画面を強制的に表示されていた上に、1万人もがお金を振り込むとは驚きだ。前代未聞の数字であり、推定とはいえ、被害が6億円とは唖然(あぜん)とするばかり。このグループだけで6億円も荒稼ぎをしていたわけで、アダルトサイト詐欺全体の被害はもっと大きいのかもしれない。

 この事件では、グループを「不正指令電磁的記録供用容疑」で逮捕している。2011年の7月から施行されたもので、刑法における「コンピュータに不正な指令を与える電磁的記録の作成する行為等を内容とする犯罪」として新たに加わっている。

 いわゆる「ウイルス作成罪」と呼ばれるもので、コンピューターウイルスなどのマルウェア・不正プログラムを作ったり、配布するなどの罪だ。今までの事件でも、この不正指令電磁的記録供用罪での略式起訴はあったが、起訴(公判請求)は初めてとなる。警察はウイルス作成罪を使って、アダルト架空請求やワンクリック詐欺を、本格的に摘発しようとしているようだ。

■手口がより巧妙に。脅しの請求から、ウイルス利用詐欺へ

 アダルトサイトで高額で不当な請求をする詐欺は、インターネット普及当初からあり、珍しいものではない。しかしながら手口がどんどん巧妙になってきており、被害は深刻化している。今までの手口の流れを簡単にまとめておこう。

1:脅しの架空請求(携帯電話向けの詐欺が中心)
クリックすると「10万円払え」などの高額請求が表示される単純なもの。個人情報をとられる可能性は低く、無視すれば問題なかった

2:見せかけのデータ表示で脅すもの(携帯電話・パソコン)
インターネット上の住所であるIPアドレス、携帯電話での端末番号などを表示し、いかにも個人情報を収集したように見せかけるもの。特定はされないので無視するだけでよかった

3:ウイルス利用でしつこく請求するもの(パソコン)
ウイルスなどの不正プログラムを使い、請求画面を数分おきに表示したり、ブラウザーの起動画面に表示するもの。ウイルス感染するため、パソコンにある個人情報を盗み取られる可能性がある。今回の事件はこのパターン

4:電話番号・メールアドレス・位置情報を送信するもの(スマートフォン、Android中心)
Androidの不正アプリをインストールさせ、端末の電話番号、メールアドレス、GPSによる位置情報を犯人側に送ってしまうもの。個人情報を取られてしまうため、しつこく請求してくる(前回の記事「電話番号を読み取られるAndroidワンクリック詐欺」参照)

 1や2は単純な方法だったが、3や4では手口が巧妙になってきている。犯人は被害者の個人情報を盗み取ることで、脅迫的な請求へとエスカレートしているのだ。

 たとえば3のウイルス利用のパターンでは、標的型攻撃などで使われている巧妙な手法を取り入れている。セキュリティー大手・トレンドマイクロによれば、アラビア語など右から読む言語のための機能(RLO)を悪用し、拡張子を偽装してウイルスをインストールさせるものだ(トレンドマイクロの記事「標的型攻撃の手法をワンクリック詐欺に応用の疑い――トレンドマイクロが注意喚起」参照)

 ファイルの種類を表す拡張子が「wmv(ウィンドウズで使われる動画フォーマット)」に見えるが、実際にはウイルスの実行ファイルだという巧妙な方法だ。日本の企業を狙う標的型攻撃でも使われている方法だが、アダルトサイトのワンクリック詐欺でも確認されたとのことだ。以前の記事「ウイルスはファイル名を偽装して感染する」でも取り上げた方法がアダルトサイト詐欺でも使われ始めている。

※中見出し
身に覚えがあっても「払わない」「連絡しない」

 この手の詐欺への対策では「身に覚えのない請求は無視せよ」とよく言われるが、実際問題としてはまったく逆だ。犯人は「身に覚えがある」人を狙ってくる。アダルトサイトやゲーム動画サイトをのぞいてみた、無料のアダルト動画を見た、など「ちょっとだけ後ろめたい人」にお金を払わせようとする。

 身に覚えがあっても気にする必要はない。後払いの怪しい請求があれば、詐欺だと思うことがもっとも重要だ。対策ポイントをまとめておこう。

・後払いの請求は、詐欺だという前提で見る
動画を見るためにクリックしたり、アプリやソフトをダウンロードさせてから請求画面が出てくるものは、詐欺だと思っていい。たとえ規約に書いてあっても、不当な規約であれば無効。なので「後払いの高額請求」は詐欺だと思って無視すること。

・「お金を払う」「連絡する」は最悪の方法
請求画面を消すためにお金を払ったり、相手に連絡するのは、最悪の方法だ。あなたが「身に覚えがある」「請求に驚いている」ことを証明することになる。犯人からの請求がよりエスカレートするだろう。

・脅迫的な請求は、消費者センターと警察に相談を
メールやSMSの請求は無視すること。電話などでくりかえし請求してくるようなら、消費者センターか警察に相談しよう。相手に直接連絡してはいけない。

・パソコン・Androidでもセキュリティー対策ソフトを
請求画面が勝手に表示されるようなら、ウイルスなどの不正プログラムに感染している。セキュリティー対策ソフトを入れて駆除しよう。Androidでも不正アプリを遮断する対策ソフトを導入したい

・子供には「見るな」と言わず、「相談しろ」と伝えよう
ワンクリック詐欺・架空請求詐欺の被害者は、中学生・高校生などが多い。アダルトサイトやゲームサイトに興味があって、無料だと思ってアクセスしてしまうためだ。この手のサイトを見るなと禁止するのは、逆効果になることが多い。子供が「見るなと言われたのに、見てしまって請求が来た。どうしよう」と萎縮してしまうためだ。見るなと禁止するのではなく、「こんな危険性があるので見ないのがベター」「もし変な請求が来たら、怒らないから相談してね」と子供に言うのがベストだ。

 新入学・新学期が始まると、新たにパソコンやAndroidを使い始める子供もいるだろう。親も対策ポイントを頭に入れて、架空請求・ワンクリック詐欺の被害に遭わないようにしたい。
(ヤフーニュース)

直接対応しないことが一番の対策です。「お金を払う」「連絡する」というのは本当に最悪な方法などで絶対にしないようにして下さい。

相手に個人情報が渡ってしまうとあちこちにあなたの個人情報が漏れます。しかもタチの悪い業者に漏れますので、無視するように心がけて下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/308-c528ce8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック