賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新生銀行が子会社で運営していた消費者金融事業を10月から銀行本体に移管したことに、業界が反発を強めている。事業を銀行に取り込むことで、消費者金融業者に課せられていた規制を受けなくて済むからだ。規制の強化で業界全体の貸し出し残高はピーク時の3分の1の水準まで減少し、業界は青息吐息の状態。一方、顧客拡大を狙う銀行では消費者金融事業を強化する動きが相次いでおり、同じ事業を展開しながら競争条件が異なる規制をめぐって、今後議論が高まる可能性がある。

 年末の東京・JR新橋駅前。消費者金融の看板が連なる一角に「レイク」の無人契約機コーナーがある。新生銀行が直轄事業として始めた消費者金融事業だ。契約機の案内に従って免許証や各種申込用紙をスキャナーで読み込ませ、年収や勤務先などを入力すると、30分ほどで個人用無担保融資のカードが発行される。カードには消費者金融のブランド名はなく「SHINSEI BANK」の文字。一見すると、キャッシュカードのようだ。

 新生銀行は、全国にこうした無人契約機を約800台持つ。南光院誠之執行役員は「レイクの既存顧客を確保しながら、これまでノンバンクを利用しなかった潜在的な資金需要者を獲得していきたい」と本体に取り込んだ狙いを話す。

 ■ルール統一必要

 新生銀行以外にも銀行の消費者金融への参入が相次いでいる。東京スター銀行は12日から、口座がなくともネットベースで融資を申し込める「バンクフリー」を開始。来年3月以降はオリックス銀行、大和ネクスト銀行などもインターネットベースでの事業開始を計画する。

 だが、こうした動きに既存の消費者金融業者からはこんな不満が漏れる。

 「明らかな総量規制逃れ。貸金業者が貸せなくなった顧客層を取り込もうとしている」

 消費者金融が法の網に入るのは、昨年6月に施行された改正貸金業法だ。

 多重債務者の増加を受け、借り入れ総額を年収の3分の1までに制限する総量規制が実施された。年収の3分の1を超えて貸し付けていた顧客は大手で5~6割を占めており、貸し付け残高が大幅に減少。総量規制で縮小傾向が続く中、業界大手の武富士が昨秋に破綻し、アイフルも私的整理による経営再建が進められるなど大きな打撃を受けた。

 一方、銀行は銀行法の規制内で事業が運営できる。総量規制の適用は受けないほか、専業主婦への貸し付けも貸金業法上では必要な配偶者の同意も必要ない。

 テレビCMも、消費者金融業界は自主規制で午前7~午前9時、午後5~午後10時は流せないが、銀行はテレビ局側の自主規制で「CMを流せないのは午後5~9時だけ」(新生銀行)。既存の消費者金融業者より緩く、認知度向上には有利だ。

 参入銀行側は「狙いは質の高い顧客層の開拓。返済余力の少ないハイリスクの顧客はターゲットにしていない」と声をそろえる。

 銀行の方が顧客の選択肢が広いのは事実だが、貸金業者以上に金融当局から厳しい監督規制を受けており、年収の3分の1を超えて借り入れようとする貸し倒れリスクの高い顧客を囲い込みにくいのが実情だ。

 ただ、同じ事業を展開しながら2つの規制があるのは、健全な競争環境とはいえないのも事実で、統一した規制のあり方が求められそうだ。
ヤフーニュース

どちらにしろ言えることは、この業界はお客さんがお金にしか見えてないのでしょうね。

会社である以上利益を追求しないといけないのは当たり前のことなので、しょうがないのでしょうが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/286-a088c1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック