賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年、労働問題を扱う労働組合やNPO法人(特定非営利活動法人)団体には新種の労働相談が寄せられるケースが増えている。会社が従業員の給料を違法に天引きするケースだ。

それは従業員の些細なミスにつけこみ、罰金を科し、果ては損害賠償請求までするという手口。今ではそれがあらゆる業界ではびこっているという。誰でも入れる労働組合「首都圏青年ユニオン」の河添誠書記長は次のような某ポスティング会社の例を語る。

業務内容は1日約千枚のチラシの投函。アルバイト男性Aさんがシワが寄ったり汚れたりしているチラシを配達には使えないと判断して捨てると、会社はAさんに「会社のものを捨てた」として日給以上の罰金を請求してきた。同じように会社に目をつけられたアルバイト仲間のなかには、罰金に加え、「賃金を払わない!」と宣告され、3ヶ月も給料を支払われない人もいたという。

こうした悪質なポスティング会社はほかにも数社あり、なかには従業員の実家に「損害賠償請求」までする会社もあったという。そんな会社、すぐに辞めるべきだという河添氏に、Aさんは「怖くて怖くて、逃げても追いかけてくるような気がして……」と答えた。

「本人には『罰金を払わずに辞めるのは悪いかな』との自責の念もある。会社は労働者のそんな心理を学習済み。脅せばタダで働くとわかっているんです。こうした会社は、団体交渉をすればすぐに賃金を払いますが、困るのは、何ヶ月かするとまた同じ問題を起こすこと。相談は氷山の一角です」(河添氏)

他にも会社の営業車を壁にこすり、修理費を超える10数万円を請求された例や、PCのハードディスクを壊したとして5万円を給料から天引きさせられた例などがある。しかし、こうしたケースは団体交渉を行なうとほぼ100%勝つと河添氏は言う。

「なぜなら、会社はこの件を表沙汰にされたくないし、何よりも『不正をしている』との自覚があるからです(苦笑)」(河添氏)

というのも、従業員に損害賠償を請求したり、罰金を科したりすることはそもそも法的にかなり厳しく制限されている問題。

「泥酔して事故を起こしたり、故意に重大な過失を犯した場合などを除き、労働基準法では、天引きによる損害賠償を禁じ、罰金の徴収も賃金の10%以内と定めています。それも労働者と合意した就業規則があり、罰金に合理的理由がある場合だけ」(河添氏)

専門家からすれば基本的なことなのかもしれないが、こうしたルールを知らない人も多いはず。だからこそ、会社はつけこんでくるのだ。
ヤフーニュース

「従業員に損害賠償を請求したり、罰金を科したりすることはそもそも法的にかなり厳しく制限されている」

このことをよく知っておけば、会社からの意味不明な罰金は払う必要はありません。

給与天引きされてしまうと、理不尽なことでもあきらめてしまいがちです。

給与が減ってしまった為に、消費者金融から借金して・・・。こんなことで無駄な借金をする必要はありませんので、無料相談などを利用して下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/284-e25d42bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック