賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大手銀行が主導する信販・カード業界再編が加速している。銀行が親密先ノンバンクへの出資やM&A(企業の合併・買収)戦略を強化するほか、系列行の垣根を越えた再編も動き始めた。ダイエー系列カード会社の株式売却は、銀行間の入札合戦に発展している。貸金業規制や市場縮小の荒波を銀行の庇護(ひご)下で乗り切ろうとするノンバンクと、収益の多角化を狙う銀行-。絡み合う思惑が再編に拍車をかける。(柿内公輔)

 ■「禁じ手」も

 「銀行のブランド力で、厳しさを増す業界競争を勝ち残りたい」

 大手信販のセントラルファイナンスが、三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下入りを表明した4月27日の記者会見。セントラルの土川立夫社長は、隣に座る奥正之・三井住友FG会長に終始、気を使っていた。

 セントラルはもともと三菱UFJフィナンシャル・グループ系列。「禁じ手」(メガバンク幹部)のはずの"ライバル行への駆け込み"は、三菱UFJが系列信販のジャックスとセントラルの統合に動いたことに、セントラル側が反発して起きた。

 オリエントコーポレーションは3月、大幅赤字転落でみずほFGの連結対象になると発表。三菱UFJ系列のUFJニコスとディーシーカードも4月に合併した。再建中のダイエー系列のオーエムシー(OMC)カードの株式売却では、大手行が相次いで名乗りを上げた。三井住友と新生銀行が有力で、落札行はOMCの筆頭株主になる。

 ■もろ刃の剣?

 信販・カード業界が一線を画していた銀行にすり寄るのは、貸金業法の規制強化による経営悪化が大きく影響している。信販大手5社の平成19年3月期連結決算は、引当金の積み増しで全社が営業減益に陥った。

 契約者からの過払い金利の返還請求圧力は、オリコの上西郁夫社長をして「経営にならない」と嘆かせる。資金力を誇る銀行からの出資受け入れは、「この業界は財務基盤が脆弱(ぜいじやく)」(土川社長)との危機感の表れだ。

 貸金業だけでなく、個品の商品ごとに結ぶ割賦契約もクレジットカードへの決済手法のシフトなどで「年々縮小している」(セントラル)のが実情。カード業界も新規システム投資などコスト増が避けられない。

 一方の大手行にとっても、ノンバンク戦略は重要なテーマだ。法人向け貸し出しが伸び悩む中、リテール(個人向け)市場開拓のカギとなるからだ。

 だが、戦略が裏目に出れば、自らに跳ね返る影響は小さくない。メガバンクそろって最終減益となった19年3月期連結決算は、系列ノンバンクの業績悪化が直撃した。

 「数年後は勢力図が一変する」(大手行幹部)と目される信販・カード業界。銀行がどう再編のかじ取り役を果たすのか、目の離せない展開が続く。
YAHOOニュースより抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000024-san-bus_all

ここが正念場でしょうね。
しかし、こういうことになるのは予想できたはずではないでしょうか。


応援クリックしてくださいね。
実はブログランキングで●位になってます。

経済苦・借金苦ブログランキング

FC2ランキングは●位になりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hensaikun.blog93.fc2.com/tb.php/108-152884a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック