賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前途有望な若者の修学支援を目的とする「奨学金制度」。これが今、逆に若者を"追い込む"原因になっている。社会人をスタートしたのと同時に、奨学金という多額の"借金返済"に苦しまなければならない人が急増しているからだ。

日本の場合、ほとんどの奨学金は「貸与型」のもの。つまり、実質的には借金だ。そのため利用者は、卒業後に返済しなければならない。日本の奨学金事業で最大の規模を誇る「日本学生支援機構」(以下、支援機構)によると、昨年の3月の時点で、奨学金の未返還者は全国で約33万1000人、未返還額は過去最大の876億円に上る。10年前に比べ、約2.5倍にも膨れ上がっているのだ。

もちろん、借りた金は返さなければならない。しかし、一般的な家庭の収入が下落し続け、その一方で日本の大学の学費は高騰し続けているため、奨学金を利用しなければ大学に通えない学生が年々増加しているという事情もある。

都内の私立女子大学4年生の黒川いずみさん(仮名・21歳)は、家庭の事情で入学時から支援機構の奨学金を利用している。

「年々下がっていく親の収入では大学に進学することはできなかったのですが、あきらめられませんでした。奨学金はそんな私にとって頼みの綱。周りの同級生にも、奨学金を申し込むコも多かったので、ごく自然に利用することを決めました」

大学2年生の秋、両親は自己破産。ますます奨学金に頼らざるを得なくなってしまった。結果、来年の春に卒業する際の黒川さんの"ローン残高"は約400万円。利子がつくタイプの奨学金であったため、仮に返済期間を20年と計算した場合、合計の返済額は700万円にも達するという。

両親とともに埼玉県の実家で暮らしている大学非常勤講師の横山貴司さん(仮名・34歳)も奨学金返済の悩みを抱えているひとりだ。彼は都内の私立大学で4年間政治学を学んだ後、大学院に進学することを決意。以降、修士課程の2年間で204万円、博士課程からは3年間で435万6000円を借り入れたという。

しかし、現在の仕事は週に1回の非常勤講師だけ。非常勤での収入は、年収にしてわずか10万円ほど。専任講師にならなければ、奨学金の返済どころか自活すらできない。横山さんは言う。

「僕が大学院に入った10年前は、修士課程を終えれば、専任講師はともかく、非常勤講師でも生活はできるぐらいの仕事はあったものです。しかし、今や大学でそんなポストはありません。このままでは、必死で学び続けたのに結果として"借金"だけが残ることになる」

支援機構は年収300万円未満の利用者に対して返済猶予期間を与えている。2009年から2010年に6ヵ月以上の滞納者を調査したところ、年収300万円未満が87.5%で、その半分近くが100万円未満だったという。つまり、返したくても返せない人が大半というのが実態だ。

若者を取り巻く、不安定な雇用環境が奨学金制度の根幹をも揺るがしている。
(ヤフーニュース)

未来ある若者のための制度ですが、何か手を打たないと借金だけが残ってしまいますね。学校に通ってもお金の稼ぎ方を教えない教育もどうかと思います。
スポンサーサイト