賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「借金返済のために」、自作自演のわいせつ動画を販売した疑いで、元陸上自衛官の男が逮捕されました。

自ら出演しているわいせつ動画の入ったブルーレイディスク1枚をインターネットのオークションサイトで3500円で販売した疑いが持たれているそうです。

出会い系サイトで「風俗の仕事をしないか」などと女性を誘い、面接と称してわいせつ行為を撮影し、その動画を販売した容疑のようです。

女性の中には未成年も含まれていたそうです。

借金返済のために、本業だけで返していくのは無理だと思ったのかもしれません。

しかし、こういった犯罪、犯罪スレスレのことをしても、結局損をするだけです。

自力で返済していくのであれば、ローンを今よりも低い金利でまとめるなど、何か手を打つ必要があります。

自力で返済が難しいのであれば、専門家に相談しましょう。
スポンサーサイト
「宝くじで2億円当たったが、余命が少なく身内もないので1億円を誰かに差し上げます」とメッセージをよくYoutubeで見かけました。

「絶対に詐欺だと誰でもわかるだろ!」とツッコミたくなるような幼稚な手法でしたが、ニュースを見てビックリ!

「全国の男女約2千人から1億9千万円をだまし取っていたとみている。」

えっ???

手口はこうです。

甘い言葉で偽のSNSサイトに誘導→登録→閲覧者がメッセージを送受信するたびに料金を徴収

多くの若い人がダマされたようです。

他人事とは思わないほうがいいですよ。
 博多署は12日、博多区内の事務員の女性(28)が携帯電話サイトの登録料などを架空請求され、昨年11~12月に4回にわたって近所の郵便局などから計485万円を郵送してだまし取られたと発表した。同じ時期、手口で大野城市内の女性が約800万円の被害を受けており、県警は詐欺容疑で捜査するとともに注意を呼びかけている。

 同署によると、昨年11月9日、女性の携帯電話に「登録したサイトの無料期間中に退会手続きをとっておらず、法的処置に移行する」という趣旨のメールが届いた。女性が記載された番号に電話すると男から利用料金や訴訟費用を4回にわたって請求され、女性は金融機関から一部を借金して支払った。昨年末に男と連絡が取れなくなったため被害を届け出た。送られてきたメールに書かれた会社名が大野城市の事件と同じで、県警は同一グループによる犯行とみている。
(ヤフーニュース)

このような若い方でも騙されています。

他人事と思っていたら、次はあなたの番かもしれません。

騙された人たちはみんな誰にも相談しなかったのでしょう。

警察と連携すれば、この犯人グループも逮捕できたでしょうね。
 栃木県で整骨院経営の63歳の男性が殺害された事件で、逮捕された男2人が、男性への借金の返済のために保険金詐欺を企てて、失敗したことから殺害に及んだとみられることが新たに分かりました。

 関戸良一容疑者(60)と皆川昌弘容疑者(57)は去年6月、茂木町で整骨院経営の直江勝司さんをパイプ椅子で殴ったうえ、川に投げ入れて殺害した疑いが持たれています。2人は、直江さんから合わせて約3500万円の借金をしていました。その後の警察への取材で、2人は一昨年11月、関戸容疑者が所有する民宿に放火して保険金をだまし取ろうとして失敗し、借金返済のめどが立たなくなったために直江さんを殺害したとみられることが分かりました。取り調べに対し、関戸容疑者は「借金の返済から逃れるためだった」と容疑を認めています。
(ヤフーニュース)

殺人事件になれば、金銭トラブルがなかったかはまず調べます。

「借金の返済から逃れるため」に人を殺しても確実に捕まります。

借金問題であれば、まずは弁護士に相談をおすすめします。
振り込め詐欺事件や投資詐欺事件などで犯行に使われた名簿が悪用され、被害者が再びだまされる「二次被害」が続発、国民生活センターによると、今年度の相談件数は既に3000件を超えている。

 警察庁は今夏、これまでの事件で押収した名簿を都道府県警に提供し、名簿記載者に注意を呼びかけるなど被害防止に努めているが、相談の内容からは高齢者が「狙い撃ち」されている実態が浮かんでくる。

 同センターによると、過去に金融商品などの詐欺被害に遭った「二次被害者」の相談件数は、2009年度が1609件、10年度は4789件、11年度は6791件。12年度は、警察による対策の成果か、今月18日現在で前年度の同期(4469件)よりは減って3307件となったが、10年度(2282件)を上回り、09年度(733件)の4倍以上となっている。
(ヤフーニュース)

「こういった名簿が本当にあるのか?」と思われる方も多いと思いますが、本当にあるでしょうね。

ちょっと怪しい営業をしている会社などは名簿屋から怪しめの名簿を買ったりしてますからね。