賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビや新聞では景気の悪いニュースのほうが圧倒的に多い今日この頃。あなたの彼氏や夫もまるで貧乏神にでも取りつかれたかのように暗~い表情を浮かべたり、悲観的なことばかりボヤいたりしていませんか?

もし、以下の5つのフレーズをよく口にしているのであれば、彼は一生お金持ちになれないかもしれません。ファイナンシャルドクター・北川邦弘さんの著書『なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?』によれば、お金に苦労している人は、次のような言葉遣いが多いのだそうです。

■1:「お金さえあれば」
自分の不遇をお金のないせいにしている人は、一生貧乏のままでしょう。たとえば、「お金さえあれば、もっといい大学に行けた」「お金さえあれば、起業だってできるのに」「お金がないから、結婚できない」など。

■2:「親のせいで」
もちろん、どんな家庭に生まれ育つかというのは、その人に大なり小なり影響を及ぼすことは否めません。とはいえ、「親のせいで」が口癖で何も行動を起こさない人は、その大嫌いな親から与えられた環境から一生抜け出すことはできないでしょう。

■3:「生活にはお金がかかるから」
貧乏な人ほど自分の収入に見合わない贅沢をしたがります。たとえば、「週に1度の外食は当たり前」「いい車に乗っていないとカッコ悪い」「部屋着でも安物は許せない」などと、自分の見栄や欲望のための出費は惜しみません。

■4:「こんな悪い世の中じゃあ」
「不況だ、不況だ」と言われて久しいですが、日本人が全員貧乏になってしまったのでしょうか? そんなわけないですよね。

■5:「お金なんて」
とにかくカネが全て、カネが第一という拝金主義者も、欲に目がくらんでかえって貧乏になりがちですが、他方、「清く貧しく生きることこそが美しい」「お金=敵」という発想の人もやっぱり一生お金に苦労することになるでしょう。

当てはまっているのであれば、考え方を変えてみましょう。そうすれば、借金からも脱却できる可能性は確実に上がるでしょう。
スポンサーサイト
 衆院選でたくさんの落選議員が出たことで、東京・永田町の議員会館は引っ越し作業で大忙し。新しい議員のために事務所を明け渡さないといけないのだ。"一国一城の主"ともいわれる国会議員が落城の日を迎え、地味な片付けに追われる。無所属で菅直人前首相(66)と戦った横粂勝仁氏(31)は「1000万円以上の借金を抱えています」と生活苦を訴えた。

 衆院第二議員会館909号室では横粂氏が引っ越し作業に精を出していた。「今日はたくさんテレビ取材があります。最後の"華"ってやつですね」と、名残惜しそうに語る。

 机の引き出しを開ければ、いつのだか分からない洗面用具が出てくる。ボロボロになった民主党時代のタスキには「除籍になったとはいえ捨てられないですね。当時の思いがこもっていますから」。

 年収が約3000万円といわれる国会議員だが、横粂氏に貯金はない。「銀行に500万、親族に400万で借金は1000万円くらい。カードローンも限度額までやっているので、それ以上かも。供託金の300万円は返ってくるので、ウグイス嬢とか選挙中の費用はそれでなんとか。結局、選挙前にお金がかかる。ビラの全戸ポスティングに100万円くらいかかるんですよ」

 弁護士資格はあるが、「片手間にできるものじゃない。だから生活は厳しいですね。ポリティカルフリーターと自称しているんです。家庭教師とか塾講師もいい。マクドナルドもありですね」とフリーター生活に突入する。

 実は横粂氏は大手芸能事務所と契約を結んでいる。「タレントにはなりませんが、現役時代に断っていたクイズ番組は興味があります。(東大出身なので)『できて当たり前』と思われているので、クイズを間違えたら命取りになってしまう。オチに使われないよう、1か月くらいクイズ対策をしたい」。ちなみに断ったのは「Qさま!!」(テレビ朝日系)だという。

 今後も東京18区を地盤に政界復帰を目指すというが、借金返済のめどは立っていない。
(ヤフーニュース)

これだけ高学歴の人でも「家庭教師とか塾講師もいい。マクドナルドもありですね」と生きていくために、どこでも働く気でいます。

一般的に借金がある人には、こういった姿勢が見られないかたが多いです。

借金返済のためには、何かを犠牲にする必要があると思いますが、節約することもせず、収入を増やすためにアルバイトするわけでもなく。

本気で借金を返済していくためには、こういった姿勢は見習いたいものですね。
元女流棋士の林葉直子(44)が、ある関西ローカルのバラエティ番組に出演した時の姿が「ガリガリの"老女"のようだ」とネット上で騒ぎになっている。番組では自己破産を経験した彼女が、借金を背負った原因などについて明かしていた。しかし視聴者は林葉の想像を超えた変貌ぶりに目を奪われ、彼女の話が耳に入ってこなかったという。

11月15日深夜放送の『世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!』(関西テレビ)では、"地獄を見た借金芸能人"として林葉直子、ファッションデザイナーのドン小西と夫婦漫才コンビのかつみ・さゆりのかつみが出演していた。男性2人が事業や投資の失敗で十数億円の借金をしたのに比べ、林葉は8000万円の負債での自己破産である。しかし番組MCの吉田敬(ブラックマヨネーズ)は恐る恐る、「地獄を経験した感は、林葉さんが相当強い」と彼女を見ながら話す。

12歳でプロ棋士となり14歳で初タイトルを手に入れ、女流王将となった林葉。その後女流王将戦を10連覇し、プロ通算18タイトルを獲得する。美貌と実力を併せ持つ女流棋士として、長い間注目を集めていた。

彼女は初タイトル獲得後収入を得るようになった14歳から、自分の通帳や印鑑を親に預けお金の管理を任せていた。だが、これが多額の借金を背負う原因になったというのだ。

文才のあった林葉はプロ棋士としての収入だけでなく、小説家としても活躍。小説だけで3000万円の収入があった年もあったと話す。その頃に両親から家を新築したいと言われ、彼女は自分が用意できる4000万円で建ててもらおうと思っていた。しかし実際は1億2000万円で家が新築され、娘の名義でローンが組まれていたという。他にも自家用車を複数所有するなど林葉は親に貯金を全て使われ、多額の借金まで背負わされたそうだ。

将棋連盟を退会後、林葉はヘアヌード写真集を3冊出している。この時も知人の借金を肩代わりしたり、プロデューサーにギャラを持ち逃げされたりして、写真集はヒットしたのに彼女には思ったほどお金が入らなかったらしい。そして2006年頃に自己破産することとなった。

これらの経験から林葉は、"親に財布は絶対に預けない"という教訓を学んだという。彼女は親から常々「お金が無いのに将棋をお前に習わせたのは私たちだ」と言われ続けたそうだ。それを盾に自分の貯金が全て使われてしまったことが、"親に裏切られた"と林葉は相当なショックを受けたのだ。

彼女は自分の借金問題を努めて明るく話そうとしていた。しかし全く昔の面影が無くあまりにも外見が痩せこけた林葉の姿に、スタジオ内が変な空気になっていたのが伝わってきた。番組終了後ネット上では彼女の変貌ぶりに驚き、健康状態を心配する声もあがっている。
(ヤフーニュース)

子どものころから成功して大金が入ると、本人や親にとってよくないですね。

ホームアローンのカルキン君なんか最たるものですよね。
 タレントで医師の西川史子(41)が16日、TBSの情報番組「サンデー・ジャポン」に生出演。入札のたびに手数料を支払う仕組みのインターネットオークション「ペニーオークション」の手数料詐欺事件について厳しい見解を述べた。

 同番組に出演するサンジャポファミリーの小森純(27)や熊田曜子(30)もペニーオークションを自身のブログで紹介していたことが判明。小森は15日に自身のブログで謝罪し、熊田も同じような書き込みをしていたことを所属事務所が明らかにしている。

 それでも"身内"をかばうことはなく「やっていることに品がない。本当に嫌ですね。顔も見たくないくらい嫌ですね」と一蹴。「詐欺ですよ!これ捕まらないんですか?」と突き放し、テリー伊藤(62)も「ファンに金を遣わせることばっかり考えてる」と斬って捨てた。
(ヤフーニュース)

もしかしたらこのブログを見ている人の中にも、ペニーオークションで詐欺にあった人もいるかもしれません。

しかも芸能人が勧めているから、騙された人もいるかもしれません。

その芸能人が、ブログで謝罪程度ですまされるのは、どうなんでしょうね。
 坂戸市で7月、軽乗用車内から毛呂山町の無職、川島一浩さん(33)の遺体が見つかった事件で、さいたま地検は11日、鶴ケ島市上広谷の元新聞販売店従業員、櫛田和紀被告(34)=傷害罪で起訴=を傷害致死罪でさいたま地裁に追起訴した。

 県警は11月に殺人容疑で逮捕、送検したが、地検は殺意の立証が困難と判断したとみられる。
 起訴状によると、櫛田被告は7月20日ごろ、鶴ケ島市内や坂戸市内などで、川島さんの胸や腹を殴る蹴るなどし、外傷性気胸と出血性ショックで死亡させたとしている。
 県警によると、2人は中学時代の同級生。櫛田被告は川島さんに借金があったという。
(ヤフーニュース)

金の切れ目が縁の切れ目ですかね。

それにしても、お金に踊らされる人生は嫌ですね。
 現在、服役中のホリエモンこと堀江貴文氏は塀の中からオピニオンを発信し続けています。今回、堀江氏が注目したのは「オレオレ詐欺の年間被害額」。警察庁が発表した数字を見て、「この程度なの?」と反応。果たしてその真意は? 『メルマガNEWSポストセブンVol.43』から堀江氏の考えを抜粋しました。

 こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。先日、御大に『週刊プレイボーイ』を差し入れしたところ、深田恭子さんの水着グラビアに大反応! 「30歳の水着! つーか、30歳に見えない! ムショ内でも大人気だった」と興奮気味に話しておりました。まぁ多くの方が見たのは新聞の広告欄に写る深キョンの姿だったみたいですが…。

 さて、今週もそんな男だらけの長野刑務所から御大がニュースを斬っています。

【オレオレ詐欺、被害額年間で約287億円】

 警察庁が今年に入ってからの振り込め詐欺の被害額を発表しました。10月までで287億円を超え、過去最悪だった平成16年の年間の数字をすでに上回ったそうです。この金額、みなさんはどう思いますでしょうか? 御大はこう述べております。
「もっと多いのかと思っていたら意外に少ない印象。たぶん、かかっている捜査費用のほうが多いんじゃないか(苦笑)」

 誤解をしないでほしいのですが、犯罪は悪であり、このような被害額は少ないほうがいいに決まっています。御大の真意は「その程度しか稼げないなら、こんなバカなことをするな」にあります。
「これが『オレオレ詐欺の市場規模』ということで、こんなバカな事をしていても、最大で普通の上場企業一社分の売り上げすらあげられないわけである。そう考えると詐欺なんかせずに、真面目に起業でもすりゃいいのに、と思ってしまうよね」

 オレオレ詐欺で人生を棒に振るよりも起業したほうが稼げるし楽しい。そう言いたいわけですね。
(ヤフーニュース)

ホリエモンらしい意見ですね。
 「ペニーオークション」のサイトを開設して、参加者が商品を落札できないシステムを作り、手数料をだましとったとして京都・大阪両府警は2012年12月7日、運営会社の男ら4人を詐欺容疑で逮捕した。ペニーオークションサイト詐欺の摘発は全国で初となる。

■「ボット」を仕組み、値段をどこまでも吊り上げ

 「ペニーオークション」は、通常のネットオークションと比べてスタート時の価格が低く設定され、入札単位も数円単位に固定されていることから、「格安で落札できる」ことを謳っている。しかし、入札するごとに手数料が必要となり、最終的に落札できなかった場合でも手数料が返金されない。サイト上には残り時間が表示されるが、終了間際に誰かが入札するたびに数十秒ずつ延長されていく仕組みで、入札が続く限りどこまでも延長され、手数料が商品自体の値段を上回ってしまう場合もある。国民生活センターには「こんなに手数料がかかるとは思わなかった」といった相談が以前から寄せられていた。

 また、多くの場合、オークションサイトの運営業者と商品の出品者が同一であるから、入札しているユーザーに「サクラ」がいるのではという指摘もあった。

 今回の事件では、運営会社がサイトに自動入札を行う「ボット」を仕組み、値段をどこまでも吊り上げ、利用者が入札をしても最終的に落札がほぼ不可能なシステムにしていたとみられている。

 この報道を受けてネットでは、

  「ようやく初逮捕。問題になっていたころが懐かしい」
  「やっと立件って感じ… てか、まだ存在してたんだね」

と以前から問題とされていながらも、摘発されてこなかったことを指摘する書き込みが多かった。

 また、ペニーオークション詐欺をより強力に取り締まるため

  「ペニーオークションて言うシステム自体が詐欺を行いやすいシステムだし、法整備して取り締まった方がいいんじゃないかなぁ」

との、法整備を求める書き込みもあった。
(ヤフーニュース)

ペニーオークション利用したことのある人も多いかも知れません。

借金がある人なら欲しいものを安く買いたいと思うのは当然のこと。

しかし、ペニーオークションは利用するなら特に注意が必要です。
 鳥取県内で知人男性2人を殺害したなどとして、強盗殺人罪などに問われた鳥取市の元スナックホステス上田美由紀被告(38)の裁判員裁判の判決が4日、鳥取地裁であり、野口卓志裁判長は「冷酷かつ身勝手な動機に基づいており、人の生命を余りにも軽く扱っていると言わざるを得ない。極刑をもって臨むほかない」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

 判決によると、上田被告は2009年4月、トラック運転手・矢部和実さん(当時47歳)に睡眠導入剤などを飲ませ、同県北栄(ほくえい)町の海岸で水死させて借金270万円の返済を免れ、同年10月には、鳥取市の摩尼(まに)川で電気工事業・円山秀樹さん(同57歳)を同様の手口で水死させ、家電製品代約53万円の支払いを逃れた。

 野口裁判長は、被害者2人から検出された睡眠導入剤などについて、上田被告が両事件の直前に知り合いの男性から譲り受けるなどしたものと指摘するなどし、上田被告による連続強盗殺人事件と断定した。

 これまでの公判で、上田被告は「私はやっていません」と否認し、被告人質問では黙秘。弁護側は「同居していた男性元会社員(49)=詐欺罪などで服役し、出所=と警察が協力してうそをつき、被告を犯人に仕立てた」と反論した。

 裁判は、裁判員選任から判決までの期間が過去2番目の長さの75日に及んだ。
(ヤフーニュース)

借金を逃れるために人を殺すという大変身勝手な犯罪です。

自力での借金返済が無理なら、自己破産すればいいのに・・・と本気で思います。