賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 消費者金融大手「武富士」が平成22年9月に経営破綻(はたん)し、過払い金の返還を受けられなくなったとして、借り手が創業者一族に損害賠償を求めた訴訟が全国で係争中だ。岡山地裁でも約140人が提訴、請求額は約2億6800万円に上る。第1回口頭弁論では原告の40代男性が意見陳述し、厳しい取り立ての実態について明かした。

 「支払う必要のないお金を搾り取っておきながら、返さなければならないお金は返さなくても許されるのか」。男性は17日の意見陳述でこう訴えた。

 男性が武富士から初めて借り入れたのは平成元年ごろ。「すぐに返せるだろう」と約20万円を借りた。その後、6年までに90万円まで仮増しし、次第に返済が追いつかなくなった。

 返済が遅れると、「返済どうなっとんな」「店に来い」と恫喝された。職場にも電話があり、「いつ返すんなら」と脅され、同僚からも文句を言われた。

 14年ごろまで返済を続けたが、過払い金は130万円以上になるという。

 「死にものぐるいで返した金で作った被告側の資産が手つかずで許されるのは正義に反している」と原告の男性は主張している。

 武富士過払い金訴訟 全国15地裁1支部で起こされ、原告は約2700人、請求額は計約62億5千万円に上る。岡山では昨年9月の第1次提訴以降、追加提訴を続けている。横浜地裁では7月、借り手側の訴えを一部認める判決が言い渡されたが、被告側は岡山地裁で全面的に争う姿勢を見せている。
(ヤフーニュース)

基本的に泣き寝入りしてしまうケースですが、なんとか過払い金を返してもらえればいいですね。

この創業者一族は相当な額の資産を貯めこんでいますから、会社をつぶせばいいという考え方には賛同できないですね。
スポンサーサイト
 「ごめんな。ごめんな」。娘の亡きがらを前に慟哭するしかなかった。

 兵庫県尼崎市の連続遺体遺棄・行方不明事件で、角田美代子被告(64)(ドラム缶遺体事件の傷害致死罪などで起訴)らに離散させられたとされる高松市の一家の父親が、読売新聞の取材に悔恨の思いを語った。家族がばらばらになって9年余り。自宅から持ち出した幼い頃の娘2人の写真を支えに身を潜めて生きてきたが、長女は変わり果てた姿になり、次女は角田被告に取り込まれた。「家族を守れなかった」。自責の念に胸が裂かれる。

 ――父親は今月、妻の実家にあたる尼崎市の民家の捜索に立ち会い、長女仲島茉莉子(なかしままりこ)さん、兄谷本隆さんの遺体発見を見届けた。

 本当に深い土の中に埋められていた。県警尼崎東署で茉莉ちゃんの遺体と対面したが、かわいそうで涙が止まらなかった。「助けてあげられなくて、ごめん」と何度も言った。兄も、僕が巻き込まなかったら、こんなことになっていなかった。悔しくてたまらない。

 ――一家は2003年に2回、角田被告らに乗り込まれ、家族崩壊に追い込まれた。角田被告らが高松を立ち去る際は、茉莉子さんと隆さん、後に角田被告の息子と結婚した次女の瑠衣(るい)被告(27)(窃盗罪で起訴)が連れて行かれた。

 あの頃は地獄だった。角田被告らに食事も睡眠も制限されていた。手足をバーナーで焼かれ、暴行で両耳もつぶれた。娘2人と隆兄ちゃんは洗脳されたが、瑠衣ちゃんだけは角田被告に特別扱いされ、僕らとは別室にいた。暴行もせず、茉莉ちゃんと隆兄ちゃんが僕を殴る場面も見ていない。

 03年8月、僕は妻をわざと殴り、「逃げろ」と指示して脱出させた。その後、借金していた知人が「金を返さない」と地元の警察署に相談し、僕は署に出頭させられた。でも、血だらけの僕を見た警察官から事情を聞かれ、全てを打ち明けた。署の外で見張られていることも話すと裏口から逃がしてくれ、近くの駅から電車に乗り高松を離れた。

 角田被告らは、僕から金を取るために娘たちを洗脳、人質にしていると思っていた。だから自分さえいなくなれば、娘たちは解放されると思い込んでいた。松山や大阪の知人らを頼って転々としている間も、娘たちが気になって仕方なかったが、連れて行かれるとは想像もしなかった。
(ヤフーニュース)

変なところから借金するとこうなる可能性があります。

借金返済が無理なら弁護士に相談してみましょう。
 東京都足立区の牛丼チェーン店「すき家」の店員を包丁で脅し、現金を奪ったとして、警視庁捜査1課などは23日、強盗容疑で住所不定、無職遠藤龍二容疑者(24)を逮捕した。同課によると、「借金返済のためだった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は9月25日午前3時ごろ、同区一ツ家の「すき家足立一ツ家店」で、男性店員(23)を包丁で脅し、現金2万7000円を奪った疑い。
 この翌日にも、同区内のコンビニで包丁を持った男が現金約38万円を奪って逃走する事件があり、同課は関連を調べる。 
(ヤフーニュース)

借金返済できないのであれば、犯罪で返そうとはせずに、弁護士に頼みましょう。

「債務整理をするとローンが借りれなくなるから・・・」と聞きますが、犯罪歴つくよりもよっぽどいいと思います。
 厚生労働省は9月28日に、生活保護制度の見直しを柱とする生活支援戦略の素案をまとめた。この中には、就業に前向きな受給者への給付上乗せなど就労支援対策とともに、不正受給が発覚した際の返還金に制裁金を上乗せするなど、罰則強化も盛り込まれている。

 さらに、福祉事務所の照会に対する税務署の回答義務化や、受給者を扶養できないとする親族に扶養が困難な理由を証明することを義務付けたり、医療扶助削減のため、福祉事務所が受給者の健康診断結果を入手できるようにするなどの対策も盛り込まれている。今後、年内をめどに最終案をまとめ、来年の通常国会に関連法案を提出する予定だ。

 こうした対策が検討されるのは、生活保護費が2012年度当初予算ベースで3兆7,000億円にまで膨張し、過去最多を更新する一方で、不正受給額も拡大傾向にあるため。特に最近では、悪質な不正受給が相次いで発覚し、国民からの批判も高まっている。

 例えば、神奈川県警伊勢佐木署が12日に売春防止法違反の現行犯で逮捕した韓国籍の73歳の女性は、月額約15万円の生活保護を受け取りながら、売春を行っていた。売春は6年ほど前から始め、週に3、4人の客を取っていたという。

 また、香川県警高松北署は10日、現在の姓と離婚前の姓を使い分け、生活保護費約356万円をだまし取ったとして、43歳のパート女性を逮捕した。女性は離婚して子供2人を育てており、無職で収入がないとして生活保護を申請した後、離婚前の姓で働き始めた。その間、約140万円の収入があったにもかかわらず、市福祉事務所に申告していなかった。市の調査で名前や生年月日が同じだったため、同一人物と断定され、逮捕に至った。

 一方、熊本地方裁判所は78歳の男性に対し、生活保護費約211万円を熊本市からだまし取ったとして、懲役3年、執行猶予5年、罰金3,000万円の判決を5月に言い渡した。この男性は、投資勧誘業で大きな利益を上げたにもかかわらず、生活保護費を不正受給していた。その間の年間所得は、約1億4,900万円におよぶという。
(ヤフーニュース)

これは私たちの税金から払われています。

借金があってもちゃんと税金を納めている人は多いはず。

せっかくなけなしのお金を税金として払っても、こんなことに使われるなら払いたくなくなりますね。
 大阪府は18日、府のホームページ(HP)で、消費者金融に関する相談会を利用した178人の氏名や年齢、在住自治体などの個人情報が2年7か月間、誤って閲覧可能になっていた、と発表した。

 うち24人は、消費者金融からの借入額、年収なども閲覧できた。府はHPからファイルを削除し、該当者への謝罪を進めている。

 誤掲載があったのは府貸金業対策課のページ。2008、09年に行われた「サラ金・クレジット無料相談会」に訪れた相談者の住所や年齢層などを分析した表の部分をクリックすると、個人情報の元データが見られる状態になっていた。
(ヤフーニュース)

これはあまりにもひどいですね。

これと同じようなことを個人弁護士事務所がやってしまったら、どうなることやら。

やはり都道府県の無料相談よりは、個人の法律事務所に相談したほうがよさそうですね。
 私立大学医学部への裏口入学をめぐる詐欺事件で、天王寺署は15日、大阪市内の受験生の母親(45)から別に3300万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、京都市東山区の自称学習塾経営、小崎信男容疑者(68)を再逮捕、共犯として八尾市青山町の無職、上田靖容疑者(45)を新たに逮捕した。2人とも容疑を否認しているという。逮捕容疑は3月15日、大阪市内のホテルで、母親に府内の私大医学部への裏口入学を持ちかけ、「合格できるよう手配するためには(大学発行の)学債を購入する必要がある」と嘘を言い、3300万円を詐取したとしている。
(ヤフーニュース)

まだ医学部の裏口入学は横行しているようですね。

裏口入学で医師になれたような人に診てもらいたくないですね。
 埼玉県草加市の女(昨年10月死亡、当時33歳)が東京、埼玉の計10市区から生活保護費計約1000万円を不正受給した問題では、早い段階で不正を見破り、支給を止めた自治体もあれば、都や警視庁などから情報提供があるまで気付かなかった自治体もあった。

 自治体担当者から「もっと早く被害を食い止めるべきだった」との声が出ている。

 草加市は、女が申請をした時点で不審に思い、他の自治体に問い合わせるなど独自に調査をした。これが全容が発覚するきっかけの一つになった。

 「病院への移送費は出ますか」「申請日まで遡ってお金が出るはずですよね」

 昨年3月30日、窓口でそう話す女に、市の男性職員は首をかしげた。「生活保護を受けたことがない」と言うのに、質問が専門的だったからだ。女は障害者手帳を見せ、「障害があって働けない」とも強調した。

 「何かおかしい」。ひとまず支給を決定する一方、収入を隠しているのではないかと疑い、前に住んでいたという東京都東久留米市に、収入の有無を照会した。

 同市から意外な回答があった。「市で生活保護を受けていた」。草加市への申告がウソだと分かった。

 不正の疑いを強めた市は、女が提出した親族一覧などを基に調査を始めた。すると、西東京市、足立区、葛飾区などで本人や親族の名前で、生活保護が支給されていたことが分かった。
(ヤフーニュース)

こういうことをすると犯罪歴がつくだけです。頑張って働きましょう。

どんなに頑張って働いても、借金返済できないなら弁護士に頼んで債務整理をしましょう。
 かすみがうら市教育委員会の男性主事(30)が、スポーツ少年団登録料と体育施設使用料の計約355万円を着服していたことが分かり、宮嶋光昭市長は2日、臨時記者会見し「申し訳ない。責任を感じている」と謝罪した。主事は実質ノーチェックで着服し、「金は借金の返済や生活費の一部に充てた」と話しているという。
 市によると、主事は、市内24スポーツ少年団から届けられた県体育協会に納付すべき12年度登録料44万9200円のうち25万8800円を着服。市内4カ所6施設の体育館などから集金した利用者の施設使用料330万3000円分を市会計課に入金せず、着服した。
 主事は9月中旬に病気を理由に欠勤。業務を代行した係長が県体育協会へ納付すべき登録料が納められていないことに気づき、主事は9月下旬に着服を認めた。主事は施設使用料約330万円は返済していない。市は主事を近く懲戒処分にすると共に、刑事告発も検討しているという。
 同市では8月に係長が国補助金を不正申請、9月に主査が居宅介護サービス事業で過払い・未払いを行った会計上の不祥事が続いている。
(ヤフーニュース)

こういった不正のニュースは毎日聞きますが、チェック体制を変える気はないのでしょうか?

こういったことばかり続くと、そのうち経理関係の仕事は、借金があるかどうか調査されたりするようになるかもしれませんね。