賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 未公開株で損をしたと息子を名乗る男からの電話。金の振り込みを要求する電話の一部始終が公開されました。

 息子を装った男からの電話:「買ったやつが未公開株詐欺でさ、買う時の金を消費者金融から借りちゃってさ、400万ちょっとぐらい残ってて、だからサラ金に借りようと思ってさ」
 千葉県館山市の68歳の女性の自宅に10日、息子を装った男から電話が入りました。金融機関が振り込め詐欺に目を光らせていることから、男は言葉巧みに、窓口ではなくATM=現金自動預け払い機での入金を持ちかけます。
 息子を装った男からの電話:「振り込む時も今すごいうるさいから、200万円って大金でしょ。だから、できれば、ATMとかそういうのでやったほうが良いんじゃないかって思ったの」
 息子ではないと気づいたこの女性は、現金を振り込むことはありませんでしたが、県内では75歳の女性が200万円をだまし取られる被害も出ています。警察は、同じ振り込め詐欺グループとみて捜査しています。
(ヤフーニュース)

自分の家族に年配の方がいる場合は注意が必要です。

それにしても電話会社は何もできないのでしょうか?
スポンサーサイト
 島根銀行(本店・松江市東本町、田頭基典頭取)は27日、顧客名義の6口座から計175万円を出金して着服したとして、50代の男性行員を同日付けで懲戒解雇処分にしたと発表した。着服発覚後、全額弁済していることなどから刑事告訴しないという。
 同行によると、男性行員は本店の営業部推進役として預金業務を担当。昨年11月1日から7月5日にかけ、営業時間中にオンライン端末を不正に操作して、顧客6人の預金残高ゼロの口座から、それぞれ借金であるカードローンを発生させる手口で出金。14回に分け、自分の口座に移し替えるなどした。着服した金は自身の借金返済などに使ったという。他の行員は不正操作に気が付かなかった。
 不正に金を引き出した口座の一つに死亡登録された口座があるため、7月末に問題が発覚。男性行員は8月20日になって被害額を返済したという。行員が顧客の"借金"を勝手に作るという悪質な不祥事で、同行は田頭頭取を7%の減俸(1カ月)とするなど8人を懲戒処分した。
 一方、同行は説明のための記者会見も開かず、業務管理グループは「多大なる迷惑と心配をかけて、誠に申し訳なく思っています」とコメントした。
(ヤフーニュース)

これは特にひどいですね。

刑事告訴もしないところも銀行としては・・・
 女性から息子を装って現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁田無署は、詐欺未遂の現行犯で、自称住所不詳、無職、弘田真之容疑者(26)を逮捕した。同署によると、弘田容疑者は振り込め詐欺の受け子役とみられ、「新宿で知らない男に『いい仕事がある』と声をかけられ、1回につき2万円のアルバイトとしてやった。ほかに2回やった」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は8月21、22の両日、東京都西東京市の一人暮らしの女性(56)方に長男を装って「お世話になっている人から預かった1500万円を株投資で使ってしまった。お金を持ってきてほしい」などと電話し、現金をだまし取ろうとしたとしている。

 不審に思った女性が警察に相談。22日昼ごろ、現金の受け渡し場所に指定された西武新宿線鷺ノ宮駅(中野区)前に現れた弘田容疑者を、張り込んでいた捜査員らが取り押さえた。
(ヤフーニュース)

あなたはたった二万円のために自分の経歴に逮捕歴をつけますか?

借金があってお金に困っても、こういうことだけはやらないようにして下さい。
 奈良市税延滞金を着服したとして業務上横領罪に問われた土井義文・元都祁行政センター所長(60)と、西田芳光・元同市債権整理課課長補佐(60)の両被告=共に同市=の公判が20日、奈良地裁(板野俊哉裁判官)であり、両被告とも追起訴された起訴状の内容を認めた。
 7月2日と8月1日付の起訴状によると、両被告は共謀し、市税徴収業務を担当していた07年10月~昨年6月までの間、同市在住の男女計12人から、固定資産税などの延滞金として計約4330万円を徴収し、そのうち延滞金の計約630万円を着服したとされる。
 検察は冒頭陳述で、着服分は2人で等分し、それぞれ借金返済や生活費などに使ったと述べた。
(ヤフーニュース)

収入が少ないとは思えませんが・・・借金返済にあてるほど無駄使いしていたのでしょうか。

足りない分は市民からの税金を横領すればいいという考えだったのでしょうね。

たたけば色々なところからほこりが出そうですね。

人によってはキャッシングしてまで税金を払う人もいるというのに・・・
 もしかしたらあなたも…。クレジットカードで1回数千~数万円程度の商品が知らない間に購入されている「小口詐欺」の被害が広がっている。かつては、スキミングなどで盗んだ情報でカードを偽造し、一度に大量購入する手口が主流だったが、新しい手口ではカードの所有者が気付かない程度の金額に抑えているのが特徴だ。皆さん、カードの利用明細書をちゃんとチェックしていますか?

 大阪府内の男性会社員(40)は昨年末、普段はあまりチェックしないカード利用明細書を何げなく見ていると、心当たりのない支払いがあるのに気付いた。金額は5万9800円。店名は記憶にない。

 インターネットで検索すると、東京・新宿のブランド品買い取り店だった。この店のネット通販で何かを購入したことになっており、すぐにカード会社に連絡。カード会社も男性の過去の利用歴から不自然と判断し、詐欺被害と認定した。

 男性はポイントをためるため、自宅の光熱費などを含めて毎月10万~20万円、多い月で30万円程度をカードで支払っている。このため、数万円程度の不正利用なら、明細書を見なければ気付かなかった可能性もあったという。

 ◆ネット決済多く

 大手カード会社によると、一昨年ごろから1回あたり数千~数万円と比較的少額の不正使用が目立つようになっている。ほとんどがネット上の決済で、通販のほかにゲームのアイテムを購入したケースなどが報告されている。国民生活センターに寄せられた不正使用の相談でも、支払額が5万円以下の件数が全体に占める割合は、平成14年度の約2割から昨年度は約4割と倍増しているという。

 ◆組織的な犯罪か

 カード会社関係者によると、カード情報を盗み取る手口は、スキミングやフィッシングが代表的だが、最近はどこで盗まれたか分からないケースが増加。大阪の男性もスキミングなどに遭った形跡がなかった。

 担当者は、一部の店舗が利用している外国の決済システムから流出した可能性も指摘するが、「まったく分からない。個人レベルでは難しい手口で、組織的な犯罪集団が関係しているかもしれない」と話す。

 一方、カード会社側も対策を強化している。過去に不正使用が行われたサイトの監視や、利用実績と照合して不自然な取引を自動的に抽出するシステムを導入。大手カード会社は「かなりの確率で不正使用を防止できる」と説明するが、少額の詐欺を見つけ出すのは難しいという。
(ヤフーニュース)

クレジットカードを使っている人は、今すぐ確認しましょう。

あなたも詐欺にあっている可能性は十分にあります。
警視庁は14日、「2012年の サイバー犯罪対策課 相談受理状況(上半期)」を公表した。

それによると、上半期に一番多かった相談は「詐欺・悪質商法等による被害に関するもの(インターネットオークションを除く)」(35.9%)で、2位は「名誉毀損・誹謗中傷、脅迫、個人情報の流布に関するもの」(20.6%)、

3位は「不正アクセスによる被害、ネットワークセキュリティ、ウィルスによる被害に関するもの」(9.4%)だった。

一番相談が多かった詐欺のなかで、警視庁は、振り込め詐欺及び振り込め類似詐欺についての警告ページを設けており、詐欺の手口や対策などを一覧にしている。そのなかで公開されている被害状況によると、振り込め詐欺のなかで「オレオレ」詐欺は昨年7月末に比べて24%減っているものの、「還付金等」詐欺が昨年7月末の約63倍と大幅に増加。手口の変化が見られた。

また、「振り込め詐欺」の被害額は昨年よりも28.6%増の26億2110万円。未公開株、ギャンブルなどの「振り込め類似詐欺」では昨年の約4.6倍の13億3680万円となっている。

なお、警視庁のサイバー犯罪対策課では、サイバー犯罪についての相談や情報提供を電話やメールで受け付けている。ただ、相談窓口への連絡は被害届にならないため、実際に被害にあった場合は、地元警察署を訪れる必要があることに注意したい。
(ヤフーニュース)

オレオレ詐欺はお年寄りのイメージが強いですが、サイバー犯罪は若い人が被害にあっています。

自分は関係ないと思わず、「もしかして・・・」とあなたも調べてみましょう。
 祈祷(きとう)で宝くじが当たると偽り現金約700万円をだまし取ったなどとして、埼玉県警西入間署は16日、詐欺の疑いで埼玉県深谷市国済寺、職業不詳、伊藤隆人容疑者(37)を逮捕した。同署によると「最初は祈祷していた。途中からだませると思った」と容疑を一部否認している。

 伊藤容疑者は、インターネットのウエブサイトで「会社経営者を救った」などとうたい、祈祷の希望者を募っていたといい、西入間署は同様の被害がなかったか裏付けを進めている。

 同署の調べでは、伊藤容疑者は人間関係に悩み相談を寄せた鶴ケ島市内の女性(44)に「2千人以上救った。祈祷で宝くじを当ててもらった人がたくさんいる」などと持ちかけ、平成22年3月4日から翌4月5日、金融口座に計約703万円を振り込ませ、だまし取った疑いがもたれている。

 同署によると、伊藤容疑者は詐取した金を競馬や競艇などに使い果たしていたという。現金を振り込んだ後、音信不通になったことを不審に思った女性が県警に相談を寄せ、事件が発覚した。
(ヤフーニュース)

欲に目が眩んだのでしょうか?普通に考えれば分かることでしょうに・・・

こんなことができるのであれば、自分で宝くじ当て放題ですね。

お金の問題はなかなか人に言えないので、なんとか自力で解決しようとします。

しかし、明らかに自分で対処できないと思うのであれば、専門家に相談したほうがいいです。
 警視庁愛宕署は8日までに、犯罪に使用されると知りながら、報酬目当てに銀行口座を他人に譲り渡したとして、犯罪収益移転防止法違反の疑いで東京都世田谷区の農林水産省経営局の事務官落合拓也容疑者(25)を逮捕した。愛宕署によると、落合容疑者はキャバクラ通いなどで約100万円の借金があり「報酬をもらえるならと軽い気持ちでやってしまった」と容疑を認めている。

 譲渡先は不明だが、口座はその後、振り込め詐欺に使われた疑いがあるとして、千葉県警が今月2日に凍結。落合容疑者は7日、入金額の一部を引き出そうとして逮捕された。

 逮捕容疑は7月下旬、口座に振り込まれた金額の3割を報酬として受け取る約束で、自分名義のキャッシュカードを杉並区内の私書箱宛てに郵送し譲渡した疑い。

 落合容疑者は携帯電話に届いた「副業月30万」などと書かれたメールを見て返信。相手の指示に従ってカードを送ったという。
(ヤフーニュース)

農林水産省経営局の事務官になるくらいですから、頭はいいはずなのですが・・・。ここまでモラルがないと困りますね。

公務員のこういった犯罪は、通常よりも罪を重くするべきではないでしょうか?

国に雇われている人のモラルも破壊されてきて、隣の国の暴挙にも何もしない。この国の将来が非常に心配です。
 大阪や兵庫などを中心に、親族を装って現金を詐取する「おれおれ詐欺」が急増していることが9日、警察庁のまとめで分かった。「交際相手を妊娠させた」と偽って、現金を振り込ませる手口が多く、同庁は「関西弁を駆使するグループの犯行」とみて警戒を強めている。
 同庁によると、今年上半期(1~6月)の「おれおれ」の認知件数は、昨年同期比22.8%減の1696件、被害額は0.9%減の47億3420万円といずれも減少したが、大阪、兵庫、奈良、和歌山の1府3県の認知件数は、昨年同期比約6倍の128件と急増した。
 息子を名乗り、「中絶費用が必要」「示談金が要る」などと、女性とのトラブルを装う手口が多く、同庁幹部は「交際相手の夫役など、登場人物が少なくて済む古典的な手口が関東から関西に伝わった」とみている。
 口座を指定して振り込ませる手口が9割超を占めており、被害者宅を訪れて現金やキャッシュカードを直接受け取るケースが多い首都圏とは傾向が異なるという。
(ヤフーニュース)

これを機に、疎遠になっている親に注意喚起するようにして下さい。

親と疎遠になっていることが原因のひとつでしょうから。

それにしても、こういった詐欺の罪をもっと重くしてほしいですね。
 タレント・女優の矢部美穂が、クレジットカードを不正使用されたとオフィシャルブログで明かしている。幸いにもカード会社が悪用に気が付いたため大事には至らなかったというが、矢部は「いつどこで情報が漏れてしまっているのか!? 本当に恐いです」と不安をのぞかせている。

 8日付のブログで、矢部は「今日、あるカード会社から連絡がきました。私が普段使っているカードが不正に使われている可能性があると…。聞いてみると、昨日、ネットじょうで六万?と七万?のショッピングをしようと…不正な取引が」と被害を報告。

 続けて「セキュリティ管理しているところが、日頃の取引状況などをみてくれていて…ストップさせてくれたので、今回は助かりましたが、何者かが不正な取引をしたことには変わりはないのでカードを新しくすることになりました」と経緯を報告するとともに、ブログ読者にも警戒するように呼び掛けている。

 今年4月には、鬼嫁キャラで知られるタレントの北斗晶もカードハッキング被害をオフィシャルブログで報告していた。
(ヤフーニュース)

芸能人ですら被害に遭うくらいですから、他人事ではありません。

一度確認してみることをおすすめします。
 「はたらけど猶 わが生活楽にならざり」(一握の砂)と詠んだ石川啄木が逝ってから100年。今、同じような境遇の人が増えている。しかもグローバル経済下、生活苦20+件はより厳しくなりそうだ。日本から「中流」が消える日が来るかもしれない。

 首都圏に住む40代半ばの彼女は今年、生活保護を受け始めた。働く気持ちはある。だが、応募したコンビニのアルバイトは、幼い子供を抱えていることを理由に断られた。夫とは離婚調停中。不仲の実家に生活費を頼るわけにもいかなかった。

 皮肉にも「(生活保護で)やっと生活が楽になった」と言う。

 専門学校を出て85年、ゲームソフトメーカーに正社員として就職。10年ほど勤め、体を壊して退職した。30歳だった。その後、派遣社員に。バブル経済崩壊後とはいえ、時給は2000円近くだったという。01年、年下の恋人の子供を宿した。彼は無職だったが、自分が養えると出産を決意、結婚した。

 だが、派遣先に妊娠を伝えると、契約期間が残っているにもかかわらず契約を解除された。夫のアルバイト収入と貯金で食いつなぐ日々。出産後、派遣の仕事を続けたが、08年のリーマン・ショックで派遣切りに。中小企業などの経理でパートとして働き、生命保険の営業もした。夫とは気持ちがすれ違い始め……。
(ヤフーニュース)

これでも平均年収は400万円程度あるようです。なのに周りを見渡してみると皆生活苦。

私の体感としては、女性だと平均200万円以下、男性は平均300万円程度な感じです。

お金持ちの言うことだけ聞いている政治家達に日本を任せていては、本当に終わりますね。
 和歌山県西牟婁振興局の証紙販売代金が着服された事件で、業務上横領罪に問われていた元振興局職員の田渕省吾被告(45)=田辺市新庄町=の判決公判が2日、和歌山地裁田辺支部であった。久保井恵子裁判官は懲役1年4月(求刑=懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、田渕被告は昨年8月2日~ことし1月6日に計22回、収入証紙の売上金から計122万円を横領した。売上金の集計などを実質的に1人で担当していた。1回の横領額は3万~10万円。

 久保井裁判官は判決の理由で「集計に使う一覧表の過少記載や受付票の偽造などをして横領を繰り返しており、悪質。県に財産的損害を生じさせたことだけでなく、公金の管理という重要な公務に対する信頼をも損なった」などと述べた。

 これまでの公判では、起訴内容を認めて反省の言葉を述べ「お金のことで悩んでいた。(横領した金は)ギャンブルや借金返済に使った。手をつけるたびに『ばれるんじゃないか』と思っていた」などと話していた。

 7月12日の第4回公判で結審したが、その後、被告の親族が被害の一部(62万円)を弁済したことを、弁護側が明らかにしていた。
(ヤフーニュース)

こんな方法で借金返済していても、結果はこうなります。

自分の力でどうにもならないときは、自分ひとりで悩まずに専門家に相談してください。