賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝青龍を手玉に取った男-。大相撲の元横綱朝青龍(31)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ=に「モンゴル開発のために1兆円を投資したい」などと持ちかけて現金約1億円をだまし取ったとして、今年11月に会社役員の男ら2人が詐欺容疑で警視庁に逮捕された。警視庁や捜査関係者によると、男は自分を「元首相でもめったに面会できない人物」とVIPに見せかけて、荒唐無稽なもうけ話を持ちかけ、大金を引き出していたという。モンゴル出身の大横綱がハマった手口とは…。(大泉晋之助)

 ■優勝直後、高級ホテルの中華料理店で…

 平成21年2月初旬。東京・新宿の京王プラザホテルにある高級中華料理店で、元横綱朝青龍は老齢の紳士とともにテーブルを囲み、モンゴルの未来について熱く話し合っていた。

 向かい合っていた老紳士は、後に警視庁捜査2課に詐欺容疑で逮捕されることになる会社役員、菊地武雄被告(77)=詐欺罪で起訴。この席を仲介した知人女性からは「以前からモンゴルを支援したいと考えている資産家」と、元横綱に紹介されていた。

 前月の1月場所で歴代単独4位の通算23回目の幕内優勝を果たしたばかりの元横綱は、相次ぐスキャンダルや引退説など暗いムードを吹き飛ばし、得意の絶頂にあったのかもしれない。この日、機嫌よく菊地被告の話に耳を傾けた。

 捜査関係者によると、この後、2人は急速に親交を暖めるようになり、頻繁にお互いに食事に招待し合うようになった。

 ■偽プロフィル、M資金…怪しい話が続々

 「小泉純一郎元首相が(菊地被告との)面会を望んだが、実現するまでに6カ月かかった」

 菊地被告について、元横綱は周辺を通じてこんな風に伝えられていた。通常の部屋でも1泊5万円ほどはする京王プラザホテルを定宿にしていた菊地被告は、VIPに見えた。

 しかし、それはまったくの虚像だった。実際は、菊地被告の経営する会社はほとんど稼働しておらず、莫大な資産など持っていなかった。ある捜査関係者は「あちこちにいろんなもうけ話を持ちかけては、いろんなスポンサーを招き入れ、カネを引き出し、ホテル暮らしを続けていたようだ」と話す。

 しかし、元横綱はそれに気づかなかった。話術は巧み。あるときは、「カナダにいろいろな島を持っている」などと言ってみ、自分が世界を股にかける資産家であるようにもほのめかす。「裏付けのない虚偽のプロフィル」(捜査関係者)を、元横綱は信じ込んでしまったのだ。

 自分は、GHQ(連合国軍総司令部)が日本占領下に接収したとされる通称「M資金」の運用を任されている-。

 菊地被告は、ある日、こんな話まで持ち出してきた。「M資金」話は、日本では詐欺師がカネを引き出すためによく使われる常套手段で、プロの投資家はまず引っかからない。しかし、モンゴル出身の元横綱は、そんな荒唐無稽な話も信じてしまったのだ。

 ■フィリピンに1兆円の金塊 信じてしまって1億円を

 「祖国で開発事業をしたい」

 ある日、元横綱は、菊地被告にこう申し出て資金協力を求めた。捜査関係者によると、元横綱は前年にモンゴル国内の鉱山の開発権を入手するなど祖国の開発に入れ込んでいた。

 すると、菊地被告は、1兆円もの資金提供と事業への助言を快諾した。しかし、それだけでなく、逆に元横綱に、一時的にカネを貸すように求めてきた。

 「フィリピンに保管している金塊を溶かせば現金になる。そのためには保管先への延滞料支払いが必要になる」

 フィリピンに1兆円の金塊があって、それを溶かすためには、当面、1億円が必要だというのだ。後になって考えてみれば、1兆円もの金塊を菊地被告が保有しているはずがないのは明らか。しかし、菊地被告がVIPだと信じ込んでいた元横綱は同年4月上旬、自分のマネジャーを通じて2回に分けて計約1億円を、菊地被告の共犯として逮捕・起訴された熊田隆春被告(63)の口座に振り込んでしまった。

 ■ようやく気づいた元横綱 警視庁に相談

 1兆円出資話は、すぐに、実現性が乏しい話だったことが発覚する。菊地被告が、借りた1億円すら返済期限になっても返さなかったからだ。

 4月中旬の段階で、菊地被告側に送金した計約1億円の返済期限は、すでに数日が経過していたが、いくら催促しても、菊地被告は弁明を繰り返すばかり。元横綱は、あきらかにいらだちを見せた。

 「モンゴルで農業開発の計画がある。待ってほしい」

 捜査関係者によると、6月には、菊地被告は元横綱をなだめるためか、こう持ちかけてきた。元横綱側は農業開発の真偽を確認するため同月下旬、モンゴル国内の予定地とされる場所に、菊地被告を連れ立って視察に向かう予定も立てた。しかし、この視察計画も菊地被告の都合で直前に中止になったという。

 その後も、1億円は返済されず、菊地被告は「今度カネが入る。それで返済する」と弁解したり、「私は逃げも隠れもしない」などと開き直ったりするばかり。

 元横綱もさすがに"被害"に気づいた。今年3月ごろ、警視庁に相談。捜査の結果、菊地被告らは逮捕された。

 ■1億円はほとんど使われていた

 同課によると、菊地被告らは逮捕後、容疑を認めたものの、元横綱が出資した約1億円はほとんど使われてしまっていたという。

 菊地被告らの口座もほとんど底をついており、現状では元横綱への返済の見込みも厳しい。もちろん、菊地被告は1兆円の金塊など、保有していなかった。

 モンゴルから日本に来て大横綱となった朝青龍。多額の資金を祖国で投資しており、大実業家としても知られている。その投資意欲を逆手に取られて、もてあそばれた心境はいかほどのものなのだろうか。
ヤフーニュース

約1億円の被害ということですが、今の朝青龍にとってどれくらいのダメージだったのでしょうか?

現役時代は月収200万円ほどでしたね。実業家として成功しているような報道は聞きましたが。

ただ、モンゴルの為に何かをしようとしていた気持ちにつけこんだのは許せませんね。
スポンサーサイト
 新生銀行が子会社で運営していた消費者金融事業を10月から銀行本体に移管したことに、業界が反発を強めている。事業を銀行に取り込むことで、消費者金融業者に課せられていた規制を受けなくて済むからだ。規制の強化で業界全体の貸し出し残高はピーク時の3分の1の水準まで減少し、業界は青息吐息の状態。一方、顧客拡大を狙う銀行では消費者金融事業を強化する動きが相次いでおり、同じ事業を展開しながら競争条件が異なる規制をめぐって、今後議論が高まる可能性がある。

 年末の東京・JR新橋駅前。消費者金融の看板が連なる一角に「レイク」の無人契約機コーナーがある。新生銀行が直轄事業として始めた消費者金融事業だ。契約機の案内に従って免許証や各種申込用紙をスキャナーで読み込ませ、年収や勤務先などを入力すると、30分ほどで個人用無担保融資のカードが発行される。カードには消費者金融のブランド名はなく「SHINSEI BANK」の文字。一見すると、キャッシュカードのようだ。

 新生銀行は、全国にこうした無人契約機を約800台持つ。南光院誠之執行役員は「レイクの既存顧客を確保しながら、これまでノンバンクを利用しなかった潜在的な資金需要者を獲得していきたい」と本体に取り込んだ狙いを話す。

 ■ルール統一必要

 新生銀行以外にも銀行の消費者金融への参入が相次いでいる。東京スター銀行は12日から、口座がなくともネットベースで融資を申し込める「バンクフリー」を開始。来年3月以降はオリックス銀行、大和ネクスト銀行などもインターネットベースでの事業開始を計画する。

 だが、こうした動きに既存の消費者金融業者からはこんな不満が漏れる。

 「明らかな総量規制逃れ。貸金業者が貸せなくなった顧客層を取り込もうとしている」

 消費者金融が法の網に入るのは、昨年6月に施行された改正貸金業法だ。

 多重債務者の増加を受け、借り入れ総額を年収の3分の1までに制限する総量規制が実施された。年収の3分の1を超えて貸し付けていた顧客は大手で5~6割を占めており、貸し付け残高が大幅に減少。総量規制で縮小傾向が続く中、業界大手の武富士が昨秋に破綻し、アイフルも私的整理による経営再建が進められるなど大きな打撃を受けた。

 一方、銀行は銀行法の規制内で事業が運営できる。総量規制の適用は受けないほか、専業主婦への貸し付けも貸金業法上では必要な配偶者の同意も必要ない。

 テレビCMも、消費者金融業界は自主規制で午前7~午前9時、午後5~午後10時は流せないが、銀行はテレビ局側の自主規制で「CMを流せないのは午後5~9時だけ」(新生銀行)。既存の消費者金融業者より緩く、認知度向上には有利だ。

 参入銀行側は「狙いは質の高い顧客層の開拓。返済余力の少ないハイリスクの顧客はターゲットにしていない」と声をそろえる。

 銀行の方が顧客の選択肢が広いのは事実だが、貸金業者以上に金融当局から厳しい監督規制を受けており、年収の3分の1を超えて借り入れようとする貸し倒れリスクの高い顧客を囲い込みにくいのが実情だ。

 ただ、同じ事業を展開しながら2つの規制があるのは、健全な競争環境とはいえないのも事実で、統一した規制のあり方が求められそうだ。
ヤフーニュース

どちらにしろ言えることは、この業界はお客さんがお金にしか見えてないのでしょうね。

会社である以上利益を追求しないといけないのは当たり前のことなので、しょうがないのでしょうが。
 堺市南区の女性が行方不明になっている事件で、女性の銀行口座から現金5万円を引き出したとして大阪府警に窃盗容疑で逮捕された無職の西口宗宏容疑者(50)が最近、どうやって入手したか分からない多額の現金を持っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。働いていないのに、内縁の妻に仕事をしていると偽っていたことも判明。西口容疑者は数千万円の借金を抱えていたこともあり、府警は西口容疑者の資産状況を調べている。

 行方不明になっているのは堺市南区の歯科医師の妻、田村武子さん(67)。

 捜査関係者によると、西口容疑者は04年4月、堺市北区の自宅に放火したとして現住建造物等放火容疑で府警に逮捕された。自宅には火災保険(約3600万円)が掛けられ、西口容疑者は「保険金目的で火をつけた」と供述。当時、消費者金融などから数千万円の借金があったという。

 実刑判決を受けて服役した西口容疑者は今夏に仮出所し、内縁の妻と同居。近所の住民によると、毎朝グレーや水色の作業着姿で自宅から出かけ、内縁の妻に「仕事に行く」とうそをついていた。毎月の収入が不十分なため、内縁の妻と家庭内でトラブルになっていたという。西口容疑者は近所の住民にも「地下鉄の関連工事をしている」と説明。同容疑者を知る男性は「金遣いが荒く、金銭管理がルーズだった」と振り返り、別の知人男性も「遊び過ぎて家を売るほどで借金が膨らんでいたようだ」と話す。

 一方、堺市北区の大手銀行支店の現金自動受払機(ATM)から5万円が引き出された先月6日午後、西口容疑者に似た男が原付きバイクで支店駐車場に乗り付けていたことが、支店近くの防犯カメラの映像から新たに判明した。府警は映像解析などからこのバイクに西口容疑者が乗っていたと特定。4日に自宅から押収しており、バイクの特定が容疑者の逮捕につながった。
ヤフーニュース

「消費者金融などから数千万円の借金があったという」と言いますが、消費者金融はそんなに貸してくれません。真っ当な業者ではないでしょう。

借金が原因で短絡的に犯罪を起こす人が多すぎますね。そうするしかないと追い詰められる気持ちも分かりますが、まず本当に他に方法がないか調べてみましょう。探せば無料相談などもいくらでもあります。

道を間違えないようにしてください。一生を棒に振ることになりますので。
近年、労働問題を扱う労働組合やNPO法人(特定非営利活動法人)団体には新種の労働相談が寄せられるケースが増えている。会社が従業員の給料を違法に天引きするケースだ。

それは従業員の些細なミスにつけこみ、罰金を科し、果ては損害賠償請求までするという手口。今ではそれがあらゆる業界ではびこっているという。誰でも入れる労働組合「首都圏青年ユニオン」の河添誠書記長は次のような某ポスティング会社の例を語る。

業務内容は1日約千枚のチラシの投函。アルバイト男性Aさんがシワが寄ったり汚れたりしているチラシを配達には使えないと判断して捨てると、会社はAさんに「会社のものを捨てた」として日給以上の罰金を請求してきた。同じように会社に目をつけられたアルバイト仲間のなかには、罰金に加え、「賃金を払わない!」と宣告され、3ヶ月も給料を支払われない人もいたという。

こうした悪質なポスティング会社はほかにも数社あり、なかには従業員の実家に「損害賠償請求」までする会社もあったという。そんな会社、すぐに辞めるべきだという河添氏に、Aさんは「怖くて怖くて、逃げても追いかけてくるような気がして……」と答えた。

「本人には『罰金を払わずに辞めるのは悪いかな』との自責の念もある。会社は労働者のそんな心理を学習済み。脅せばタダで働くとわかっているんです。こうした会社は、団体交渉をすればすぐに賃金を払いますが、困るのは、何ヶ月かするとまた同じ問題を起こすこと。相談は氷山の一角です」(河添氏)

他にも会社の営業車を壁にこすり、修理費を超える10数万円を請求された例や、PCのハードディスクを壊したとして5万円を給料から天引きさせられた例などがある。しかし、こうしたケースは団体交渉を行なうとほぼ100%勝つと河添氏は言う。

「なぜなら、会社はこの件を表沙汰にされたくないし、何よりも『不正をしている』との自覚があるからです(苦笑)」(河添氏)

というのも、従業員に損害賠償を請求したり、罰金を科したりすることはそもそも法的にかなり厳しく制限されている問題。

「泥酔して事故を起こしたり、故意に重大な過失を犯した場合などを除き、労働基準法では、天引きによる損害賠償を禁じ、罰金の徴収も賃金の10%以内と定めています。それも労働者と合意した就業規則があり、罰金に合理的理由がある場合だけ」(河添氏)

専門家からすれば基本的なことなのかもしれないが、こうしたルールを知らない人も多いはず。だからこそ、会社はつけこんでくるのだ。
ヤフーニュース

「従業員に損害賠償を請求したり、罰金を科したりすることはそもそも法的にかなり厳しく制限されている」

このことをよく知っておけば、会社からの意味不明な罰金は払う必要はありません。

給与天引きされてしまうと、理不尽なことでもあきらめてしまいがちです。

給与が減ってしまった為に、消費者金融から借金して・・・。こんなことで無駄な借金をする必要はありませんので、無料相談などを利用して下さい。
 勤務中に高齢女性から預かった約19万円を盗んだとして逮捕、起訴された福岡県警南署巡査中村太輔被告(22)について、県警は10日までに、さらに現金約100万円を盗んだとして、窃盗などの容疑で追送検するとともに、同日、懲戒免職処分とした。
 監察官室によると、容疑を認め「消費者金融に借金があって重荷になっていた時に被害者宅で多額の現金を見つけ、ばれないと思った」と供述。盗んだ金は借金返済のほか、パチンコなどの遊興費に充てたという。
 県警によると、中村被告は1月と9月、福岡市南区の民家を訪れ、女性(78)の現金計約100万円を盗んだ疑い。
ヤフーニュース

警察官までこんなことをしていては・・・誰を信じればいいのでしょうか?

公務員なので収入は安定しているはずなのですが。ボーナスもありますし。消費者金融も警察官ならよっぽどのことがない限り貸さないことはないでしょう。

仕事もクビになり、この人はどうやって借金を返していくのでしょうか?