賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3月に京都市下京区の「すき家四条店」に強盗に入り逮捕された元同志社大生・久保田翔容疑者(25)が「金を借りたヤミ金融業者から『強盗して金を返せ。すき家の強盗はどこも成功しているから、おまえもやれ』と言われ、従った」と京都府警の調べに供述していることが26日までに分かった。

 久保田容疑者は3月13日、同店の男性アルバイト(52)に包丁を突き付けて金を要求し、けがを負わせたとして、今月5日に強盗致傷容疑で逮捕された。男性アルバイトともみ合いになり、金は奪わず逃走した。同容疑者は「2つの業者からそれぞれ2、3万円を借りた」と説明。うち1つの業者から「強盗して金を手に入れるしかないやろ。すき家を知ってるか」と言われ、犯行に及んだという。

 久保田容疑者は3月まで同志社大生(自主退学)。すでに、同大学などに侵入して楽器を盗んだ計5件の窃盗罪で起訴されて公判中。京都市では今年1~3月にも「すき家」を狙った強盗、強盗未遂事件が3件続いており、府警は関連を調べている。
ヤフーニュース

「2つの業者からそれぞれ2、3万円を借りた」

それがなぜこんなおおごとになっているのでしょうか?

脅された時点で警察に行くべきです。同志社大に入れるほどの頭があるならそれくらいのことは考えつくでしょう。

強盗して人をケガさせて・・・。こんなことで人が亡くなるようなことがなかったことがせめてもの救いですかね。
スポンサーサイト
 病的にパチンコなどにのめり込むギャンブル依存症の人の家族らによる自助グループ「ギャマノン」が国内に発足して20年の節目を迎えた。依存症者は国内に約550万人いるとの推計もあり、多重債務問題などに悩む家族は多い。一方で自助グループの一般への認知度は高くなく、専門家は「自助グループの存在を広く知ってもらうことが必要」と指摘する。【大久保昂】

 国内活動を支援する「ギャマノン日本サービスオフィス」(東京都)によると、ギャマノンはギャンブラーとアノニマス("匿名の"の意味の英語)を合わせた造語で、半世紀以上前に米国で発足した。日本では91年、東京都内でグループが結成されたのが最初だ。依存症者の家族が2人以上集まり、同オフィスの登録を受ければギャマノンのグループとなる。現在は37都道府県に102グループ。

 各グループは週1回程度集まり、参加者は本名を明かさずに体験を語り合う。(1)悩みを共有する仲間ができて安心できる(2)依存症への対処法を知ることができる(3)自分自身の人生の幸せを追求できるようになる--などの利点があるとされる。

 奈良市内で週1回集まる「奈良わかくさグループ」に通う女性(43)は、約4年前から長男のパチンコなどに悩んできた。100万円を超える消費者金融等への借金を肩代わりした末、やめさせたい一心で昨年4月にギャマノンの門をたたいた。長男のパチンコ通いが治ったかは分からないが、女性自身は「前向きに楽しく生きることを模索できるようになった」。夫のギャンブルに悩む別の女性(30)も「誰にも言えなかった悩みを理解してもらえる。それだけで落ち着く」と話す。

 北海道立精神保健福祉センターの田辺等所長は「公的機関や医療機関による家族向け相談窓口を増やし、自助グループにつなげていく必要がある」と話す。

 各グループの集会の日時や場所は、ギャマノン日本サービスオフィスのホームページ(http://sites.google.com/site/gamanonjapan)で確認できる。
ヤフーニュース

ギャンブル依存症の人を家族に持つ人は、なかなか人にその悩みを言えずに、一人で抱え込むパターンが多いでしょう。

そういう方はこのようなグループに言って、話をしてみてはどうでしょうか?

きっと今よりももっと前向きになれると思います。
 「私は詐欺に遭った。悔しい!」
 15日、松山市中心部の大街道商店街であった消費者団体「松山消費者四つ葉グループ」(松山市)の寸劇。だまされた女性役のメンバーが叫んだ。
 銀行協会と警察を名乗る詐欺師たちが家庭を訪問し、主婦から言葉巧みにカードや通帳を預かり、暗証番号まで聞き出して、預金を引き出すという筋だ。
 続いて、悪質商法の紙芝居では、劇中の主婦がだまされるたびに、「ちょっと待って大丈夫」とコーラスが入り、だまされやすいポイントを強調。最後に「うまい話はない」「その場ですぐ契約しない」など被害防止の心構えを読み上げた。
 同グループは75年、松山市消費生活センターの消費者講座修了生で結成。メンバーは約40人。50~60歳代が中心で、最高齢は94歳。
 当初は食品分野が中心だったが、現在は、高齢者を狙った悪質商法や振り込め詐欺への対処法の寸劇や紙芝居を消費者講座で上演したり、遺産相続の勉強会を開くなど、活動範囲を広げている。また毎年1回、500人を対象に消費者の意識調査も続けている。
 消費者関連や食品の法律は毎年のように改正され、悪質商法も次々と新手の手口が出てくるため、学習会や情報収集は欠かせない。高橋愛子会長は「最近は、金高騰を背景に貴金属を訪問買い取りする手口が流行している。世の中は変わっていく。勉強し続けなければいけない」と力を込めた。
ヤフーニュース

こういう方々の地道な活動には頭が下がります。これからもよろしくお願いします。
 不正に入手した他人名義のキャッシュカードで現金を引き出したとして、埼玉県警草加署は20日、窃盗の疑いで、春日部市大枝、無職、堀祐二容疑者(40)=窃盗未遂容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。

 草加署の調べでは、堀容疑者は9月29日、春日部市内のコンビニエンスストアで、不正に入手した東京都町田市の無職女性(72)名義のキャッシュカードを使って、ATM(現金自動預払機)から現金200万円を引き出した疑いが持たれている。

 草加署によると、堀容疑者は同じ日に草加市内の銀行で他人名義のキャッシュカードを使って現金を引き出そうとしたとして、窃盗未遂容疑で逮捕された。この際、他人名義のキャッシュカード十数枚と現金200万円を持っていたことから、犯行が発覚した。女性は息子を装った男に借金返済名目で現金をだまし取られる振り込め詐欺被害にあっていた。

 草加署では、堀容疑者はいわゆる「出し子」とみて、キャッシュカードの入手先などについて詳しく調べる方針だ。
ヤフーニュース

他人名義のキャッシュカード十数枚と現金200万円を持っていたそうです。この人も結局暴力団などに利用されただけでしょう。しかし、わかっててやっているので、そんなことは関係なく犯罪ですが。

それにしてもお年寄りが被害に遭う事件が多すぎて嫌になります。
 厚生労働省は19日、賃金不払いのサービス残業に関する2010年度指導状況をまとめた。労働基準監督署から労働基準法違反として是正を指導され、不払いの残業代を社員に合計100万円以上支払った企業は、前年度比13.5%増の1386社。支払総額は6.2%増の123億円だった。
 企業数、支払総額ともに3年ぶりに増加へ転じており、厚労省は「リーマン・ショックの影響が薄らいで残業時間が増えたのが背景にある」とみている。
 サービス残業は過労死の温床といわれ、違反企業は8年連続で1000社を超える高水準となった。
ヤフーニュース

実際はこんなに少なくはないでしょう。しかし、声を上げるには辞職のリスクがつきまとってしまうので、なかなか言えないのが現状でしょう。

実際に働いている時間は変わらないのに、サービス残業のせいで給料が減る。節約をするがそれでも生活費が足りない。消費者金融からキャッシング・・・

負のスパイラルですね。こういう現状を日本のお偉いさん方はどう見ているのでしょうか?
 フィッシング対策協議会は18日、銀行をかたるフィッシング詐欺が相次いでいるとして注意喚起した。契約者番号や暗証番号だけでなく、ネットバンキングで使う第二暗証(乱数表の数字)の入力を促す記入欄があるのが特徴だという。

 三井住友銀行によれば、メールに添付された実行ファイルを開いたり、メールに記載された本文のURLをクリックすると、契約者番号や暗証番号、乱数表の番号の入力を促されるという。

 10月4日以降、三井住友銀行を装った不審なメールによる不正取引が発生。同行によれば、「三井住友銀行ご利用のお客様へ」といった件名の不審なメールに関する問い合わせが12日までに50件以上寄せられており、金銭的な被害も発生しているという。

 万が一、起動した添付ファイルやリンク先のページで暗証番号などを入力してしまった場合は、暗証番号を変更した上で、乱数表の数字が書かれたカードの再発行を行ってほしいとしている。

 フィッシング対策協議会では、三菱東京UFJ銀行とイオン銀行でも同様のフィッシング詐欺が確認されていると説明。通常、銀行から暗証カード上のすべての数字入力を求めることはないとして、フィッシングメールは開かずに削除するように呼びかけている。
ヤフーニュース

パソコンに詳しくない人は特に注意が必要です。「三井住友銀行」などの大手の銀行だからと理由で信用してはいけません。

怪しい内容の場合はそのメールある連絡先ではなく、直接その銀行などに聞くようにして下さい。
 銀行から預金通帳などをだまし取ったとして奈良署は14日、お笑いグループ「楽珍トリオ」元メンバーで塾講師の桝崎徹容疑者(33)=奈良市内侍原町=を詐欺容疑で逮捕した。
 容疑は、先月30日に奈良市内の銀行を訪れ、第三者に譲り渡す意図を隠して通帳とキャッシュカードの交付を申請し、だまし取ったとされる。「金に困ってやった」と容疑を認めているという。
 同署によると、この口座で現金の出入りが激しかったことを不審に思った銀行が桝崎容疑者に確認。だまし取ったことを認めたため14日夕、同署に通報した。口座は関東地方で振り込め詐欺に利用された形跡があり、同署は譲渡先などを慎重に調べている。
ヤフーニュース

この人はただ通帳とキャッシュカードを貸しただけと思っているかもしれませんが、その通帳があったおかげで詐欺に遭った人もいたはずです。反省してほしいと思います。
 ◇借金かさみ行き詰まる
 2件の強盗殺人罪などに問われている熊本市の無職、田尻賢一被告(40)の裁判員裁判は12日、熊本地裁(鈴木浩美裁判長)で第2回公判があった。検察側は証拠調べで、田尻被告が熊本の事件で逮捕された後「もう逃げられないと思った」と、宇土の事件への関与を供述した詳細などを明らかにした。また極刑を望む被害者遺族の調書も読み上げられた。【丸山宗一郎】
 ■宇土事件の自供
 午前10時開廷。検察側が田尻被告の供述調書を読み上げ始めた。2月23日の熊本事件の2日後、熊本東署に出頭し逮捕された田尻被告。そのころから宇土事件を「いつか聞かれるかもしれない」と思っていたという。同事件で起訴後の3月23日、取り調べの中で、宇土事件の時に被害者宅付近に止めた自分の車の位置を見せられると「ドキッとした。もうごまかせない。逃げられないと思い、事件の話をした」という。
 ■度々母が肩代わり
 田尻被告の調書読み上げはさらに続く。高校を卒業し愛知県で働いた後、21歳で熊本へ帰郷。ビルの管理会社に勤めたが、パチンコや風俗店で遊ぶため消費者金融から借金するようになった。限度額まで借りていた当時を「自分の口座から下ろすような感覚だった」。が、督促状が母に見つかり150万~200万円の借金が露見、厳しくしかられた。全額返済してもらったものの、その後も借金を重ね、度々母らが肩代わり。見かねた母が「あんたを刺して私も死ぬ」と包丁を振り回し激高したこともあった。「借金がばれるのが嫌だ。他人から奪うしかない」。強盗を考え始めたのは04年3月初めだったという。
 ■遺族の心情
 午後は熊本事件の被害者調書が朗読された。妻を亡くし、自身も大けがをした右田孝治さん(72)の調書。妻美子さんについて「優しく、忍耐強い人だった」とし、一緒に国内旅行に出かけていたことなどを振り返る。一方で、田尻被告を「自分で努力せず金を奪おうなど許せるわけがない。自首したかどうかなど関係ない。極刑以外考えられない」と指弾。右田さん夫妻の長女も「死刑以外あり得ない。殺された人数で考えてほしくない」。美子さんの姉も「日本の刑罰で一番重い罪を与えてください」と怒りのにじむ調書内容だった。

 ◇起訴内容
 04年3月13日、宇土市走潟町の医院長宅にぜんそくを装ってドアを開けさせ侵入し、妻の中津千鶴子さん(当時49歳)の頭や顔をスパナで殴るなどして殺害し、現金約18万3000円などを奪った。また今年2月23日、熊本市渡鹿の会社役員、右田孝治さん(72)方で、妻美子さん(当時65歳)をバタフライナイフで刺殺し現金約10万円など強奪。さらに帰宅した右田さんの胸などを刺し大けがをさせた。
ヤフーニュース

絶対にゆるされない犯罪です。死刑が相当かどうかはちょっとおいておきます。

遊ぶ為に消費者金融から借金をして、たびたび親に返済してもらい、親に怒られたから他の人を殺して金を奪った。

すいません、やっぱり死刑に相当すると思います。
「わざわざ法律まで変えて業界全体で痛みを分け合って耐えてきたのに、今までの苦労はいったい何だったんだ──」

 大手消費者金融首脳は憤りを隠せない。なぜなら、競合する中堅消費者金融会社のレイクが、10月1日から新生銀行の傘下で消費者金融事業の展開を始めたからだ。これまでレイクは新生銀行グループの新生フィナンシャルが運営し、改正貸金業法下で事業を行っていた。それが銀行業法下での事業展開となる。

 消費者金融業界は改正貸金業法施行で、総量規制などの"足かせ"をはめられた状況で事業を行ってきた。ところが銀行業法下になると、それが取れる。レイクはプロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融とは競争条件が変わるのだ。そのため、業界内からはレイクに対する怨嗟と羨望の声がわき上がっている。

 レイクが解放される足かせの代表的なものが総量規制だ。総量規制とは年収の3分の1を超える貸し付けを禁止している。たとえば先に挙げた大手消費者金融で借金し、債務残高が年収の3分の1を超えると、追加の借金はどこの消費者金融でも法律で禁止される。しかし、レイクでは法律上、追加の借金が可能になる。

 ほかにも広告規制や収入のない専業主婦に対する貸し付け規制から解放されるなど、業界他社が羨む点が多い。

 レイク事業を統括する南光院誠之・新生銀行執行役員コンシューマファイナンス本部長は「総量規制に引っかかるリスクの高い顧客層はターゲットにしない。そこへ踏み込めば自らの首を絞めることになる。当然、改正貸金業法の総量規制は尊重する」と話す。

 しかし「レイクのブランドは従来のまま使い続けるわけで、利用者にとっては事業運営が変わったことなど関係ない。実態はレイクの競争条件が有利になっただけ」と業界幹部は吐き捨てる。早くも「うちも銀行業法下で事業をしたい。消費者金融事業を銀行に移管し人材を出向させる。元の会社は規模を小さくして保証事業に専念する」と本気とも冗談ともつかない大胆な構想を披露する大手消費者金融首脳も現れている。

 貸金業法は多重債務者を増やさないために改正された。しかし規制が強過ぎて、返済能力がある人に対しても貸せなくなったと指摘する声もある。消費者金融各社は規制強化による足かせが重く、また過払い金返還もあり虫の息だ。

 このままでは業界の衰退に歯止めがかからず、さらに各社が破綻となれば、利用者が宙に浮く。かといって簡単に規制緩和に踏み切るわけにもいかない。金融庁は今回のレイクの件は容認しており、ある意味、貸金業の生き残り策を見出す実験としての側面もある。
ヤフーニュース

なんの為の総量規制だったのですかね?結局他の消費者金融業者も同じことをすれば法改正もいまいち意味がなかったのでは?