賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 金融庁は15日、大手消費者金融の武富士が経営破綻した後、他の大手消費者金融では、利用者が払いすぎた利息を取り戻せる「過払い利息」の返還請求の相談件数が破綻前に比べ倍増した、との調査結果を発表した。

調査結果は同日、金融庁が開いた、改正貸金業法に関する関係団体からの意見聴取の場で報告された。過払い利息は、過去に利息制限法(借入金額をもとに年15~20%)を超える金利で借りていた利用者が返還を請求できる。
ヤフーニュース

これは至極当然のことですね。むしろこの状況で何も動かない人は逆に注意した方がいいですね。自分のことなのですから自分でなんとかしないと。

過払い返還を考えている人は早めに動いておいた方がいいかもしれません。
スポンサーサイト
 借金トラブルから知人男性を自宅に監禁し、無理やり借用書に署名させたとして、五日市署と福生署は、逮捕監禁と強要の疑いで、青梅市木野下、元プロ競輪選手、入倉謙二容疑者(41)ら2人を逮捕した。五日市署によると、いずれも連行、監禁は認めているが、署名の強要については否認している。

 逮捕容疑は、知り合いの男性会社員(37)が借金を返さないことに腹を立て、平成20年9月22日、男性を入倉容疑者宅に車で連行し、23日まで拘束。「借用金額1200万円、支払期限平成21年3月末日」などと書かれた借用書に無理やり署名させたとしている。
ヤフーニュース

強引な取り立ては犯罪です。暴行を加えたわけではないようですが、監禁して脅すという手口は暴力団と同じですね。

お金は人を簡単に変えてしまいます。借金で悩んでいる方はなんらかの対策をとらないと何も変わりません。
 高金利で貸し付けたとして警視庁生活経済課と千住署などは16日、東京都足立区平野3、貸金業経営、斎藤聡斗司容疑者(36)ら7人を出資法違反(高金利受領)と貸金業法違反(無登録営業)容疑で逮捕した。経営者らは取り立てが暴力的ではない「ソフトヤミ金」と言われる業者で、返済に困った債務者を系列グループ6店舗に次々と紹介して違法利息を受け取っていた。

 逮捕容疑は、09年1月~今年2月、無登録で「マスト」などの名称で貸金業を営業し、神奈川県藤沢市の男性塾講師(39)ら4人に法定利息(1日あたり0.08%)を11~41倍超える金利で計165万円を貸し付け、違法利息241万円を受け取ったとしている。グループは08年1月~今年5月に約490人から約6000万円の違法利息を得ていたとみられる。

 同課によると、斎藤容疑者は関東財務局に登録していた正規の貸金業者名で顧客を募集し、多重債務者にはヤミ金業者から借り入れるように選別。返済に窮した顧客には、強引な取り立てで追い込むことはせず、新たな貸出先として別の店舗と見せかけてグループ店を紹介していた。斎藤容疑者は「債務者と長い取引をすればそれだけ利息が取れる」と供述しているという。顧客側も「ヤミ金の怖いイメージはなかった」と話しているという。
毎日新聞ニュース

ひと昔のヤミ金は強引な取り立てで相手を脅して、なかなか被害が表面化しませんでした。

今では取り立ての際に脅してしまうと自分たちに不利益になる為、強引な取り立ては減っていきました。

かと思えば、ソフトヤミ金という手口が出てくる。

借りる側も強引な取り立てなどがない為、被害が潜在化してきています。どこも貸してくれなかったのに貸してくれたと恩義を感じて・・・

違法な借り先には近づかないようにしましょう。
 内閣府が12日発表した9月の消費動向調査によると、半年後の暮らしの明るさを示す消費者態度指数(一般世帯)は前月比1.2ポイント低下の41.2となり、3カ月連続で前月を下回った。これはリーマン・ショック直後の2008年10~12月以来で、エコカー購入補助の終了や円高・株安、世界経済の先行きなどへの不安が影響したとみられる。

 消費者心理の基調判断は、前月の「改善に向けた動きに足踏みがみられる」から「ほぼ横ばいとなっている」に2カ月連続で下方修正された。

 指数を構成する4指標はすべて悪化。低下幅は「雇用環境」が2.3ポイント、「耐久消費財の買い時判断」が1.5ポイント、「くらし向き」が0.6ポイント、「収入の増え方」が0.4ポイントだった。
ヤフーニュース

景気の悪さを政治のせいにしている人が多いようです。実際に個人レベルでなんとかできないからこそ政治に期待しているのに、結果がついてこない。民主党に何か打開策はあるのでしょうか?むしろ今の民主党に任せてもいいのか?正念場ですね。
 今夏の猛暑の影響で野菜が高騰しているのを受け、農林水産省は8日、野菜出荷安定対策本部(本部長・篠原孝農水副大臣)を設置した。14日に初会合を開き、出荷の前倒しなどの対策を検討する。同省によると、台風被害で農産物全体を対象とする対策本部を設けたことはあったが、野菜に限定するのは近年例がないという。

[フォト]社員食堂に野菜工場

 農水省などによると、東京都中央卸売市場のダイコンやハクサイなど主要な指定野菜(14品目)の1キロ当たりの価格は、今月5日現在で平年比の155%。レタスは平年の約4倍にあたる554円だった。

 10月中も高値が続く可能性があり、同省は「異例の事態だ」としている。

 例年なら、この時期は野菜に適した気候に合わせて主な産地が移るため出荷は途切れない。

 だが、今年は猛暑の影響により、夏に出荷する産地が早めに出荷を終了する一方、本来なら秋冬に出荷する産地で出荷が遅れ、全体的に野菜が品薄になっている。

 大手卸の東京シティ青果(東京)の担当者は「タマネギやジャガイモは秋から来春まで貯蔵したものを出荷するが、猛暑の影響が大きく品薄。品質も貯蔵に耐えられるかどうか…」と危惧(きぐ)している。
ヤフーニュース

レタスは平年の4倍、ピーマン1.8倍、ハクサイ1.7倍と、野菜が高いです。消費者金融やローンとは直接関係はありませんが、こういう生活必需品の値上がりは、支払でぎりぎりの生活をしている人にはかなり厳しいです。このまま続くと消費者金融に頼らざるを得ない人も多くなるかもしれません。
横浜市戸塚区の無職女性(73)が9日、息子を装った電話で現金1千万円をだまし取られた、と戸塚署に届けた。同署は振り込め詐欺事件とみて調べている。

 同署によると、4日に長男を装う男から女性に「女性を妊娠させてしまい慰謝料が必要だ。立て替えてほしい」と電話があり、女性は指定された場所で長男の代理人を名乗る男に280万円を手渡した。5、6、7日にも「ほかにも借金がある」と電話を受け、計720万円を手渡した。男は2日に「携帯電話の番号が変わった」と電話し信用させていたという。
ヤフーニュース

この手口はたいして変わってないのに、未だに被害が絶えません。みんな自分は絶対に被害にあわないという過信があるようなので、すべての人が明日は我が身と考えて注意しましょう。
 東京商工リサーチは8日、9月の全国企業倒産状況(負債額1000万円以上、法的倒産と私的倒産含む)を発表した。それによると、日本振興銀行と武富士の大型倒産の影響で、負債総額は前年同月比約4・6倍の1兆4180億2500万円となり、8カ月ぶりに前年同月を上回った。一方、倒産件数は同4・58%減の1102件で、14カ月連続で前年同月を下回った。

 負債6805億6300の振興銀と、負債4336億800万円の武富士の負債額を合わせて、9月の負債総額の約8割を占めた。日本航空関連が会社更生法を申請した今年1月(2兆6032億円)以来の1兆円超えで、9月としては戦後5番目の規模。

 景気対応緊急保証制度や中小企業金融円滑化法などの金融支援効果で、倒産件数は減少を続けているが、減少率はふたケタからひとケタに縮小した。10月以降、政策支援の息切れや円高が影響し、企業倒産件数が増加に転じる可能性も指摘されている。 
ヤフーニュース

本当に悪いニュースばかりですね。どこの会社の給料も下がり、体感的にはかなり不景気の感じです。国としてはそうでもないようなこと言ってますが。
石油情報センターが6日発表したレギュラーガソリンの4日現在の全国平均小売価格は、1リットル当たり132円10銭で、前週(9月27日)から20銭値下がりした。値下がりは19週連続。

 激戦区を中心に、秋の行楽シーズンに向け、値下げの動きが続いているという。ただ、国際原油市況は、北半球の冬場の需要期を控え、上昇傾向にあり、石油情報センターは「原油価格の動向次第で今後値上がりに転じる可能性もある」とみている。

 都道府県別では、35都府県で値下がりした。値下がり幅が最も大きかったのは、鳥取、秋田の両県の80銭安。次いで高知と香川の両県が60銭安だった。一方、北海道は60銭値上がりし、福島、静岡、富山の3県は20銭上昇、和歌山県、滋賀県、佐賀県も10銭値上がりした。岩手や岐阜など5県が横ばいだった。

 ハイオクは20銭安の142円90銭、軽油は10銭安の112円50銭だった。
ヤフーニュース

消費者金融のニュースではないですが、気になるガソリンのニュースです。どうなるかはわかりませんが、現在の状況を考えるとガソリンの価格は底値かも知れません。安いうちに入れておいた方がよさそうです。かといって入れすぎると燃費が悪くなるので、考え物ですが。
 会社更生法の適用を申請した消費者金融大手、武富士の第1回債権者説明会が5日午後、大阪市中央区で開かれる。保全管理人らが、経営破綻(はたん)に至った経緯や再建の見通しなどを説明。法的整理で債務を圧縮しつつ、支援を受けるスポンサー企業探しを急ぐ考えを示し、債権者の理解を求める方針だ。説明会は6日に東京でも開かれる。

 武富士は相次ぐ不祥事で顧客の信頼が低下。払い過ぎた利息の返還を借り手が求める「過払い金請求」の増加で経営が行き詰まり、9月28日、更生法適用を東京地裁に申請した。

 負債や資産の総額はこれから確定するが、財務内容の悪化で、顧客に戻る過払い金は予定額より減る見通し。
ヤフーニュース

武富士がスポンサーを探しているようですね。スポンサーが現れなければ過払い金も減る可能性がありますね。明日もまた債権者説明会があるようです。