賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産とは、債務者自らが申立てる破産のこと。申し立てが認められれば、借金をなんとすべて免除してもらえるという制度です。

注意してほしいところは、破産宣告が下りただけでは借金をすべて免除してもらえるわけではありません。

その後に免責手続をして、認められてはじめて借金がすべて免除されます。しかし、状況によっては認められないこともあるようです。自己破産が認められた場合、住宅や車などの資産は処分しなくてはいけません。

もし資産がなければ、自己破産手続と免責手続をほぼ同時にすることができます。

一般的には、生活必需品以外の20万円以上の財産は持っていかれることになります。冷蔵庫などの生活必需品は持っていかれることはありませんので安心してください。

自分で手続きをすることもできます。その場合の費用は3万円くらいでできるようです。

自信がないかたは、弁護士などに依頼するほうがいいと思います。分割払いにしてもらえば負担は少なくてすむでしょう。

法律扶助制度なども利用されるといいかもしれません。

メリットばかり話しましたが、自己破産のデメリットもいくつかあります。

破産宣告から免責決定までの一定期間、特定の仕事につけなくなります。弁護士・司法書士・公認会計士・税理士、保険・警備に関する仕事、建設業などです。会社役員からも外れなければなりません。

しかしこれは、あくまで一時的なものなので安心してください。

あと、官報に掲載されます。官報とは政府が発行している新聞のようなものです。自己破産の手続を行った人の名前が掲載されてしまいます。

普通はなかなか目にする機会がないので、周囲には自己破産したことがばれる心配は少ないかもしれません。図書館にはおいてあるようですが。

あとは、信用情報機関に7年~10年ブラック情報がのるくらいです。

借金に追われていたときよりも人間らしい生活をおくることができるのではないでしょうか。ヤミ金に手を出すぐらいなら債務整理をしたほうがいいと思います。最後の手段として自己破産を考えてください。

債務整理を考えているかたは、法テラス(日本司法支援センター)に連絡してみてください。あなたの住んでいるところの近くの弁護士・司法書士を紹介してくれます。

<借金・多重債務でお困りのかたは>
樋口総合法律事務所なら初期費用0円で対応してくれ、債務整理費用の分割支払いもOKです。何年も借金で悩むくらいなら、まずは相談してみてください。受任したその次の日から、取立ての電話がかかってこなくなりますので、気持ちよく眠れると思います。

スポンサーサイト
個人再生とは住宅ローン以外の借金を、小規模個人再生または、給与所得者等再生のいずれかの方法で負債総額を5分の1に圧縮し、3~5年で返済するという方法です。平成13年4月にできた新しい制度です。

会社や企業の場合は、個人再生ではなく民事再生を使うことになります。

最低ラインは100万円なので、負債総額の5分の1か100万円のどちらか多いほうになります。

例えば、500万円の借金があるかたの場合、100万円をきっちり3~5年(基本的には3年間)で支払っていけば残りの400万円は免除されるということです。

自己破産と違い、自宅を残したまま借金を5分の1に減らせるので任意整理や特定調停でも難しい場合に適用することが多いです。

月に10万円以上払っていたかたが、月に3万円になればすごく楽だと思います。

住宅ローンも元本を減らすことはできませんが、支払い期限を10年間延ばしてもらうことが可能です。自宅を手放さなくていいのはうれしいですね。70歳までに完済が条件です。

しかし、すべての人がこの制度を利用できるわけではありません。条件があります。といってもたいした条件ではないのですが。

住宅ローン以外の債務総額が5千万円以下であること。安定収入があること。破産に準ずる経済状態にあること。

簡単な条件なので、任意整理や特定調停が難しい場合は個人再生手続きを考えてみてください。

しかし、ローン中の車はあきらめないといけないので注意が必要です。方法がないわけではないですが。

民事再生は、特定調停と違い自分の力では無理ですので、弁護士や司法書士に相談してください。任意整理や特定調停と比べると費用は多くかかりますが、分割で払えば大丈夫でしょう。

500万円の借金が100万円になるなら、30万円払ったとしても安いものです。個人再生手続きをすれば、消費者金融・ローン会社からの支払い督促は止まります。

それなので、毎月、消費者金融・ローン会社に支払っていた分を個人再生手続きの費用に当てれば、なんの問題もないでしょう。

債務整理を考えているかたは、法テラス(日本司法支援センター)に連絡してみてください。あなたの住んでいるところの近くの弁護士・司法書士を紹介してくれます。

<借金・多重債務でお困りのかたは>
樋口総合法律事務所なら初期費用0円で対応してくれ、債務整理費用の分割支払いもOKです。何年も借金で悩むくらいなら、まずは相談してみてください。受任したその次の日から、取立ての電話がかかってこなくなりますので、気持ちよく眠れると思います。

特定調停とは、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続です。負債の圧縮効果は、任意整理と同等です。特定調停は、平成14年2月に施行された比較的新しい制度です。

こちらも任意整理と同じで、利息制限法で引き直して、3~5年で返済できるかどうかが目安になります。特定調停が成立すればその後の利息はかかりませんので、借金が劇的に返済しやすくなります。

200万円、300万円あった借金が半分以下になることもあります。

手続きに入ると、督促がやむというすばらしいメリットもあります。数ヶ月の間、調停が終わるまで返済をストップできます。

今までの「お金払ってください」コールがうそのように止まります。

自己破産と違い資格制限もなく、マイホームや車などを手放さなくてもいいというメリットもあります。資格制限とは、弁護士・司法書士・税理士・弁理士・公認会計士などの資格停止になることです。

メリットも多い特定調停ですが、デメリットもあります。

デメリットをあげるとすれば、「100%利息制限法の利息で引きなおして計算できるかわからない」という点が上げられます。

これは相手が合意せずに、調停が不成立に終わった場合が当てはまります。もうひとつ、過払い金があっても特定調停の場では無視されます。また別に、過払い金返還訴訟を起こさなければなりません。その話はまた別の機会に説明します。

特定調停後の支払いが滞ると調停調書に基づいて、差し押さえをされてしまう可能性がありますので滞りなく支払いしてください。

自分でも特定調停をすることもできます。費用が安くすみますが、何回も裁判所に行く手間もかかります。

自分で申し込むと、1社あたり千円以下ですみます。印紙代が300円、切手代が420円だけです。弁護士・司法書士に依頼すると1社あたり2万円~4万円程度かかります。

調停が不成立にもなる可能性もあるので、特定調停について、ちゃんと勉強していきましょう。

なんにせよ、借金が激減する可能性の高い方法です。自分でやれる自信のないかたは弁護士や司法書士とよく相談してみてください。

債務整理を考えているかたは、法テラス(日本司法支援センター)に連絡してみてください。あなたの住んでいるところの近くの弁護士・司法書士を紹介してくれます。

<借金・多重債務でお困りのかたは>
樋口総合法律事務所なら初期費用0円で対応してくれ、債務整理費用の分割支払いもOKです。何年も借金で悩むくらいなら、まずは相談してみてください。受任したその次の日から、取立ての電話がかかってこなくなりますので、気持ちよく眠れると思います。

任意整理とは、利息制限法に基づいて債務額を減額したり、返済期間を長くしてもらうなどの交渉をしていくことです。

弁護士・司法書士が代理人になるので、確実に債務整理できるだけでなく、
債務者は消費者金融などとの衝突もありません。

自分で交渉することも可能ですが、うまくいかないことのほうが多いようです。弁護士・司法書士にまかせたほうがいいでしょう。

きつい取り立てもされることがありませんので、一番気が楽な方法かもしれません。

しかし、弁護士・司法書士から「任意整理は難しいから自己破産したほうがよい」と言われることもあります。

その目安として、利息制限法に基づいて引きなおされた債務額を、3~5年の分割払いで返済できる見込みがあるかどうかです。

借り入れ金額が多すぎたり、それ以上の期間の返済計画では消費者金融などもなかなか応じてはくれません。

自己破産よりはペナルティも少なくてすみます。今までどうりでは返せない方はおすすめの方法のひとつです。

しかし、デメリットもあります。数年間は、新たな借り入れやクレジットカードを作れないこと。任意整理をした消費者金融などからの借り入れは、今後一切できないことなどです。

しかし、メリットのほうが大きいので、自殺や夜逃げをするぐらいなら間違いなくこういう方法をとってください。

保証人がついている借金でも任意整理できることもあります。弁護士・司法書士に相談してみましょう。きっと道が開けるはずです。

債務整理を考えているかたは、法テラス(日本司法支援センター)に連絡してみてください。あなたの住んでいるところの近くの弁護士・司法書士を紹介してくれます。

<借金・多重債務でお困りのかたは>
樋口総合法律事務所なら初期費用0円で対応してくれ、債務整理費用の分割支払いもOKです。何年も借金で悩むくらいなら、まずは相談してみてください。受任したその次の日から、取立ての電話がかかってこなくなりますので、気持ちよく眠れると思います。