賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
支払いが遅れた場合はすぐにブラックになるのかと心配される方が多いようです。

支払いが2~3日遅れた場合は、遅延扱いにはならないようです。延滞金はかかりますが。

だからと言って少しなら遅れていい訳ではありません。

今は2~3日遅れたぐらいでは遅延にはなりませんが、その内なるかもしれません。
何よりも人から借りてるお金ですから、期日は守りましょう。

ちなみに2カ月遅れれば、延滞の情報がつき、ブラックになります。
これで5~10年はクレジットカード・消費者金融の審査には確実に落ちることになります。

何度も言いますが、借金体質から抜け出すためにも支払期日は守りましょう。

借金の原因の一つは金利です。低金利の銀行に借換えましょう。
スポンサーサイト
無人契約機と言っても、ちゃんと人はいます。「あの機械の裏に人がいるのか!?」という噂が一時期流行りました。

本当は、無人契約機の裏に人はいません。当たり前ですが・・・。

本当は人がいるわけではなく監視カメラで見ているというのが本当のところです。なので「サングラスをとってください」などと言われることがあります。

監視カメラは、無人契約機のある部屋の中に数台あるようです。よく見てみると、無人契約機のちょうど目線あたりにもカメラがあります。

では、消費者金融の無人機での審査は厳しくなるのかどうか。

これに関しては、あまり大差がないようです。無人契約機は不利と言われていましたが、そんなに変わらないのが現状のようです。

ただ店頭の場合、店長の裁量という技があるので多少多めに融資される可能性はあります。特に月末に店のノルマが達成できていないときは融資される確率が上がり、額も多くなることもあるようです。

実はブログランキングで●位になってます。

どこの消費者金融・ローン会社でもそうですが、
条件次第で他社借入件数が多くても通る場合があります。

借金返済のためには、断られるのを覚悟で申込みをしてみることも必要です。
あきらめないことです。

ただし、消費者金融・ローン会社への申し込みは1ヶ月以内で3社までにしたほうがいいと思います。

なぜかと言うと、1ヶ月以内で3社以上の申し込みをしてしまうと俗に言う申込みブラックになってしまいます。

これは、信用情報機関に申し込み記録が6ヶ月間程度残ります。申込みブラックになってしまった場合、この期間は借り入れができないようになってしまいます。

以前は申込みブラックでも借りれる業者もあったのですがグレーゾーン金利問題などで今は厳しくなっているのが現状です。

もし1ヶ月以内で3社以上の申し込みをしているならば、6ヶ月程度は消費者金融・ローン会社への申し込みはやめておいたほうがいいと思います。審査に通らないだけならまだしも、多重債務者扱いされる場合もあります。

普通に考えると、1ヶ月以内で3社以上の申し込みをするような人は、
「よほどお金に困っているのだろう。融資をしてもちゃんと返済してくれないかも知れない。」と、消費者金融・ローン会社は考えるはずです。

意外なところで、事前審査もこの申し込み件数にカウントされてしまう場合があるようです。

自分の名前・住所などをいれてする事前審査の場合は気をつけてください。
無記名で、他社借り入れ件数などだけを入力するタイプなら大丈夫です。

申込みブラックが心配なかたは、こちらを利用されるといいと思います。
匿名審査サイト『審査くん』
簡単な審査項目を入力して頂くだけで、キャッシング・ご融資が可能な業者があるかどうかを匿名で事前審査できます。フリーメールでも大丈夫です。こういうサービスは利用しない手はないですね。
※勧誘等のメールは一切届きません

実はブログランキングで●位になってます。

個人信用情報機関は、お客様の大事な個人信用情報をお預かりし、お客様のクレジットライフに価値あるクレジットヒストリーが構築される、消費者信用産業のインフラとして、重要な役割を果たしています。
シーシービー(CCB)より抜粋

延滞などの事故情報は、信用情報機関に登録されてしまいます。通常で5年間と言われています。結構長いですね。

実はこの、自分の信用情報は見ることができます。

自分の身分を証明できるもの(運転免許証・健康保険証など)を用意し、信用情報機関に行き開示請求の申し込みをすれば情報を見ることができます。

信用情報機関は数種類あるので、主要なところの紹介をします。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協
銀行系の信用情報機関

(株)シー・アイ・シー(CIC
クレジットカード・信販系の信用情報機関

(株)シーシービー(CCB
クレジットカード・信販・消費者金融系の信用情報機関

全国信用情報センター連合会(全情連
消費者金融系の信用情報機関

(株)Tera net(テラネット
クレジットカード・銀行・信販・消費者金融系の信用情報機関

例えば、全銀協だけにしか加入していない銀行から融資して欲しいとします。もし消費者金融数社から借り入れがあったとしても、全銀協では銀行から借り入れがあるかしか見ません。ということは、消費者金融から数件から借り入れしていても審査に通る可能性があるというわけです。

消費者金融やローン会社でテラネットに加入しているかはチェックしたほうがいいでしょう。テラネットは、クレジットカード・銀行・信販・消費者金融系の信用情報全部が筒抜けだとおもったほうがいいです。

しかしテラネットに加入していても、審査が柔軟な消費者金融やローン会社もありますので一概には言えませんが。

自分がブラックかどうか心配なかたは、信用情報機関に問い合わせてみるといいでしょう。

実はブログランキングで●位になってます。

ブラックリストとは、金融機関では「事故情報」と呼ばれています。

実際は個人信用情報機関では、データベースの中に人物リストを作ってはいません。したがってブラックリスト自体は存在しません。

ですが、世間一般ではブラックリストの認識は高いですよね。

自己破産・任意整理・調停などのトラブルが登録された状態を「ブラックリストに載る」と表現していると思われます。

事故情報は、信用情報機関に登録されてしまいます。通常で5年間、破産宣告などは7年から10年と言われています。その期間を過ぎると、記録は自動的に消去されます。

この事故情報が登録されるとどうなるのか?

はっきり言って、消費者金融・ローン・クレジットカードなどの審査には通らないでしょう。

期間がすぎて、信用情報機関から事故情報が消えたとしても自己破産などの債務整理で迷惑をかけてしまった消費者金融・ローン会社、クレジットカード会社からは二度とお金を借りることはできないと思います。

それでも手をつくしてどうしようもない時は、自己破産などの債務整理をしたほうがいいです。借金で自己破産をしても死ぬわけではないのですから。

ちなみに一番多い事故情報は延滞です。例えば信用情報機関CICでは61日以上または約3ヶ月以上滞納した場合、延滞になってしまうようです。

1ヶ月くらいなら大丈夫なようです。

実はブログランキングで●位になってます。

金利の違いで支払う利息がどれくらい変わると思いますか?利息は実際に借入した次の日からの計算になります。次回返済日までに利息が発生することになります。

間違えやすいのが、100万円で金利15%なら年に15万円の利息がつく、というわけではありません。借りて1年後にまとめて支払うとすればそうなりますが、そういうことはありえませんので。

金利の計算式
「現在の残高 × 利用日数 × 利率 ÷ 365 = 利息」

たとえば、モビットで100万借り、25日後に返済したとすると
100万円 × 25日 × 0.15 ÷ 365 = 10,273円
となります。利息は10,273円になります。

毎月5万円の支払いなら
100万円 - (50,000円-10,273円)= 960,273円

次の月の支払いが25日後だとすると
960,273円 × 25日 × 0.15 ÷ 365 = 9,865円
と言うふうに利息の金額が変わっていきます。

参考として
楽天マイワンの場合
100万円(金利9.6%)を1年で支払い完了の場合の利息は52,748円となります。
100万円(金利9.6%)を5年で支払い完了の場合の利息は263,000円となります。

株式会社モビットの場合
100万円を1年で支払い完了の場合の利息は83,096円となります。
100万円を5年で支払い完了の場合の利息は427,340円となります。

とある消費者金融の場合
100万円(金利29.2%)を1年で支払い完了の場合の利息は165,128円となります。
100万円(金利29.2%)を5年で支払い完了の場合の利息は911,780円となります。

上記を見て分かるように、借金返済するには利息は大事です。低金利のものを選ぶことをおすすめします。金利29.2%の消費者金融数社から借りていたら・・・考えるだけでもゾッとしますね。

金利は借りる前に計算しておいたほうがよさそうです。

実はブログランキングで●位になってます。

出資法の上限金利は年利29.2%です。それをはるかに超えた金利で貸し付ける業者がいます。それがヤミ金融(闇金融)です。

どんなにお金に困っていても、ヤミ金(闇金)からだけは借りないで下さい。運営者は暴力団関係者だと言うことを忘れないで下さい。

一度借りてしまうと、自宅や勤務先に容赦なく押しかけてきます。さらに脅迫のおまけつきです。そんなヤミ金(闇金)を見分ける方法があります。

金融業を営むには、都道府県または財務局の登録認可が必要になります。登録認可を受けた業者には登録番号が割当てられます。

「○○県知事(1)000****号」
「○○財務局長(1)00****号」

○○の中は都道府県・財務局の管轄により変わります。()の数字は営業年数を示しています。現在は(8)が一番古いようです。この番号は3年ごとに再登録をしなければなりません。

ヤミ金(闇金)は都合上すぐに閉鎖してしまうのがほとんどですので、3年以上営業はなかなかしません。

()が(1)の業者の大半はヤミ金(闇金)の可能性があります。しかし、参入したばかりの大手の会社も(1)ですので一概には言えませんが、注意してみてください。

たとえば、イコール・クレジットNEO は大手のソフトバンク・インベストメントグループです。参入したばかりなので()の番号もあたらしく、東京都知事(1)第28634号です。(1)ですが、ここは安心です。

もうひとつ大きな見分け方のひとつに「貸金業協会という団体の会員になっているか」というのもあります。

先ほどのイコール・クレジットNEO は東京都貸金業協会会員(No.05934)です。

貸金業協会は各都道府県毎にあります。ここに登録している業者であればほとんど大丈夫でしょう。

■大手でもないのに極端な低金利(1~10%以下など)
大手でもない無名の業者がひと桁の金利で営業できるわけないですよね。

■「無条件で100%融資します」「他社借入れ件数は関係ありません」などの誇大広告をしている
このような広告表現は、貸金業協会の広告自主規制のガイドラインの禁止事項です。

■審査がない(5分、10分など)
スピード審査はものすごくお金がかかるようです。

■連絡先が090や080からはじまる電話番号
地に足ついていませんね。いつでも逃げられる準備ができてます。

上記に当てはまるところは避けたほうが無難です。うまい話には気をつけてください。闇金に借りるか自己破産をするかなら、迷わず自己破産したほうがいいです。

実はブログランキングで●位になってます。