賢い借金の返済方法

借金の悩みを解決したいかたのためのサイトです。間違った借金の返済方法では減りません。よくある金銭トラブルや債務整理の説明もしています。借金をゼロにして平穏な生活を取り戻しましょう。
⇒口コミで人気、当サイトでも人気No.1の優良ローン会社はこちら!

賢い借金の返済方法へようこそ

国が言うには、景気は上向いているそうです。
なのになぜ借金で悩んでいる人がこんなにも多いのでしょうか?

自己破産をしている人は毎年20万人を超えています。
借金が原因で自殺する人もあとを絶ちません。
そんな借金地獄から抜け出すために役に立てるサイトを目指しています。

借金地獄から抜け出すには、借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえることが近道です。
多重債務から抜け出して、健全な生活を取り戻しましょう。

そのためには、賢い借金の返済方法を知らなくてはいけません。
申込みブラックなど気をつけないといけないことも多いので。

以前に比べて、どこも審査が厳しくなっています。大手消費者金融も審査通過率が60%ほどだったのが40%台にまで落ちているようです。10人に6人は審査に落ちているという事実。顧客を厳選してきています。
特に2010年6月から施行された総量規制の影響で、消費者金融の審査はきびしくなりました。現実にはもう少しきびしくなっているかもしれません。しかし、総量規制は消費者金融に対してなので、銀行には影響はありません。

確実に借金を返済していくために

借金を確実に減らしていくには、「借り入れしているローン会社の数を一社でも少なくして、低金利のローン会社に借りかえること」と説明しました。

しかし、他社ローンを借り換えることに抵抗がある消費者金融やローン・信販会社も多いことは事実です。ではどのローン会社を選べばいいのか。

消費者金融系ではモビットがダントツの人気です。クチコミでの評価が高いです。

他社一本化の為のローンがありますので、中央リテールもいいと思います。おまとめ(借換え)ローンの開設より間もないためローン会社の為、集客に大変力を入れていますので今が狙い目です。ここも総量規制の影響も受けないようです。中央リテールについては「おまとめローンならこの消費者金融が狙い目」を参考にしてください。

借り入れ件数が多いかたは、中小のローン会社を狙って借入件数を減らしてから、そのあとで低金利のローン会社に借り換える方法もあります。中小のローン会社であれば、大手と全く同じ客層を狙っているわけではありませんので、大手がダメだった人でも審査に通る可能性は十分あります。フクホーなどいいと思います。フクホーの審査に通りたい方は「フクホーの審査基準について」を参考にしてください。

それ以外で他社ローンをまとめようと考えているかたは、イー・ローンを参考にされるといいと思います。ここに掲載されているローン会社や銀行などには、商品名が「おまとめローン」「借り換え専用ローン」などと書いてある商品がありますので、借入件数が多いかたは狙い目でしょう。

使い道が決まっている人におすすめなのが、楽天銀行。旅行資金が足りないなら楽天銀行ローントラベル(年利11.5%)、結婚資金が足りないなら楽天銀行ローンブライダル(年利7.0%)と用途別の低金利ローンがあります。

多重債務から抜け出せるかどうかはあなたしだいです。せっかく借金をまとめられたとしても、今までどおりの生活をしていては何も変わりません。生活レベルを落とすなどして、まず借金を完済してしまいましょう。

借金と縁が切れればどんなに楽なことか。自分なりに借金完済を目指して頑張ってください。

賢い借金の返済方法

おすすめできるローン会社

テレビCMに力を入れたり、金利を下げたりして頑張っているローン会社もあります。そういったローン会社の中でも、私が特におすすめするのはこの3社です。

モビット(金利4.8%~18.0%)
オススメ度 ★★★★★
五つ星!業界一番人気。ここははずせない。
借り換えにも積極的なので、相談してみるといいと思います。

中央リテール (金利10.95%~13.0%)
オススメ度★★★★★
他社借り入れが多く、おまとめで他社に断られた方はここが狙い目です。
総量規制も関係ありませんので一本化ならここです。

実は私も上記のローンに申し込んだことがあります。当時年収も低かったのですが、なんと融資してもらえました。そのときは結婚式の費用に使うと言って借りました。あまり色々聞かれずに融資してくれたので、非常に感謝した記憶があります。

借金返済が不可能なら

「ローンも通らないし、今の状況ではもう借金返済は無理、打つ手がない」と考えている方は、もう専門家に相談しましょう。費用は後払いができて、さらに分割払いができる法律事務所を選ぶといいです。アヴァンス法務事務所なら実績もあり、その条件に当てはまります。毎日借金のことを考えているような方は、ここで無料相談をしてみましょう。借金の返済に追われていた人生が変わります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤフーオークション(ネットオークション)で商品を購入して代金を振り込んだが、商品が送られて来ない。出品者とも連絡が取れない。

このような話をよく聞きます。しかし、あきらめてはいけません。しつこくメールを送る、電話をする、手紙を出すなどの対処をしたほうがいいと思います。

ヤフーオークションであれば、「取引ナビに投稿する」、「連絡掲示板に投稿する」、「評価を利用して連絡する」などの手があります。トラブル口座リストも確認しましょう。

出品者もパソコンが壊れて、あなたの情報がすべて消えてしまったなどの場合もあります。病気や事故で入院していることも考えられます。

いっこうに連絡が取れないのであれば、○日までに商品が到着しなかった場合、「債務不履行」で契約を解除するなどと書いて、内容証明郵便で送ることをおすすめします。

もし内容証明郵便が宛先不明で戻ってきた、何も連絡がない場合などは、警察に被害届けを出しましょう。詐欺の可能性が高いので、早めに手を打ったほうがいいです。

その際は、できるかぎりの情報を警察に提出します。
・対象となったオークションID
・相手方のYahoo! JAPAN ID
・送金先の銀行名、口座番号、あて先(商品送付の場合には送付先住所、あて名)
・送金(または商品の送付)を証明する書類の写し
・相手とのメールの交換記録(メールの記録は、ヘッダー情報を全部表示して印刷する)
・具体的な状況を説明するメモ
ヤフーオークションより引用)

そういったかたのためにYahoo!オークションでは50万円を限度として落札額の80%を補償しています。詳しくはヤフオクの詐欺にあった可能性があるをよく読んでください。

こういったことがあったときのための対策として、相手の氏名・住所・固定電話は必ず聞くようにしてください。これを聞いていないと「内容証明郵便も送れない」、「補償制度が利用できない」といったことになりますので。

これからは、エスクローサービスがある場合はそれを利用したほうが安心ですね。出品者と落札者の間に業者が入り、商品とお金のやり取りを代行してくれるサービスのことです。手数料もそう高くなく、数十円~数百円程度です。

実はブログランキングで●位になってます。
スポンサーサイト
すぐにクレジットカード会社に連絡をしたほうがいいと思います。クレジットカードが不正使用されている可能性があります。

「私は買ってないから・・・」と放置しておくことが一番悪いパターンです。すぐにクレジットカード会社に事情を説明して、カードの利用を止めてもらわなければいけません。

次にすることは、警察に被害届けを出すことです。その届出をクレジットカード会社に提出してください。

クレジットカードには盗難保険がついています。ですので警察・クレジットカード会社に被害届けを出すことで、届出の60日または90日前までの不正使用については盗難保険で補償されます。

これで基本的には大丈夫ですが、なぜクレジットカードが不正使用されたのか?多分スキミングの被害にあっているのだと思われます。

スキミングは、スキマーというカード情報を読み取る装置を用いて行われる犯罪行為です。今回のケースでは、クレジットカードの磁気記録情報を不正に読み取られたのだと思います。

手口としては、「クレジットカード取扱店のCAT端末にスキマーを仕掛ける」「ポケットやハンドバッグなどに入っているクレジットカードから情報を盗み出す」など色々あります。

はっきり言ってどのようにスキミングされたかは、なかなか分かりません。

とりあえず、クレジットカードの利用明細書は毎回こまめにチェックしておいてください。信頼できるお店でしか使わないほうがいいのかもしれません。

実はブログランキングで●位になってます。

借金の返済のために内職を考えるかたは少なくないはずです。しかし、そういったかたの足元を見て騙そうと思っている人間もいます。

その代表的な例が悪質な内職商法です。

例えば、自宅でパソコンを使ってホームページ作成、データ入力などの内職をしないかと勧誘して、内職に必要であると言って教材などを販売する取引です。購入した教材のローンだけが残ると言った悪質なものです。

このパターンは、「仕事をするためには試験を受けてもらい、合格してもらう。合格したら仕事を上げる。」といったものです。実際は試験に受からせるつもりはなく、騙すための手口です。商品や教材を売りつけることが目的なのですから。

同じようなもので、ダイレクトメール作成や、文書作成などの内職商法もあります。これも事前に登録料が必要だったり、仕事に必要な材料を購入させたりします。

こういったものの報酬は完全出来高制にされていて、「仕事が雑だから」などとペナルティを与えられ、報酬がない場合が多いです。これも結局、登録料や材料費を払わせて騙す手口です。

仕事を得るために金銭を払わないといけないものは、はっきり言っておかしいです。「月に10万円稼げる」などの甘い言葉には気をつけてください。

詐欺は立証が難しいことが多いので、騙されないように気をつける必要があります。内職関連はトラブルが多いことは事実です。

実はブログランキングで●位になってます。

返済義務がないわけではありません。
しかし、未成年者はその借金をなかったことにできます。

未成年者契約の取消権」といいます。

ここでは親の同意があったかどうかが問題になります。
未成年者が親の同意を得て借金をした場合は、その借金には返済の義務が発生します。

未成年者が親の同意がなく借金した場合は、借金の返済義務自体はあります。
しかし借金の取り消し願いをすれば、借金を取り消すことが可能なのです。

ここで注意したいことは、未成年者でも結婚しているとこの借金取り消しはできません。そのほかにも自分でお店をしている、親の会社の代表取締役になっているなどの商売をしているかたも、借金の取り消し願いはできません。

「未成年者にお金を貸したが返してくれない」といった例も多いのですが、
相手やその親に返す気がなければはっきり言って泣き寝入りしないといけません。

未成年者にお金を貸す場合は、そのお金はあげたものとして考えたほうがいいのかもしれません。

未成年者契約の取消通知が届いたら、今まで返してもらった分もこちらが返還しないけばいけなくなるかもしれないので、事を荒立てないほうが得策だと思います。

実はブログランキングで●位になってます。

よくあるトラブルに架空請求があります。
これは、まったく支払う必要のない不当な請求です。

この架空請求が一般的になり始めた数年前は、
「ダイヤルQ2などを利用したから数万円支払ってください」
などの手口が多くありました。

恐怖をあおるような文面、支払えるくらいの値段設定、バレたら困るような内容(アダルトなど)ということで被害者は数多くいました。

オレオレ詐欺など、手口は変わってきてはいるものの、架空請求の被害者はあとを絶ちません。

基本的な対策は、見に覚えのないものは無視することです。
一回でも支払ってしまうと、次から次に、あなたに架空請求がくることでしょう。

ここからが本題です。

最近被害が増え始めた、「無視できない架空請求」というものがあります。
今までの常識「架空請求は無視!」が通用しないのです。

呼出状の中に、
「あなたが何もしないで、このまま放置すると、相手方の言い分通りの判決が出て、あなたの給料や財産の差押さえ等をされることがありますので、注意してください。」
というのがあれば、たとえ架空請求でも相手方の言い分の通りの判決が出てしまいます。

「金銭支払いの義務」が、裁判所によって確定してしまいます。
法律の抜け穴を悪用した詐欺です。

もし、この呼出状が届いたら、無視せずに「国民生活センター」、「消費生活センター」などに相談してください。

実はブログランキングで●位になってます。

もしあなたの家族や恋人がや借金をしていたら・・・
あなたはどんな態度をとりますか?

よくあるのが、妻が借金をしていた場合です。
「実は200万円の借金があるの・・・」
と言われた場合の夫の態度は・・・

大体のかたが怒ります。しかもかなり怒ります。
人によっては手が出るかたもいるでしょう。

しかし、そんなに怒られると他に借金があったとしても言わなくなります。
むしろ、他に借金がある場合のほうが多いかもしれません。

その借金を返したとしても、他にまだ借金を隠していれば、どんどん膨らんでいくので、またスタートに逆戻りというパターンが多いようです。

本気で反省して、二度と借金はしないという態度が見れるのであれば
「今までつらかったろう」などの優しい言葉をかけてあげるといいかもしれません。

しかし、隠れて自分のブランド物をあなた名義で大量に購入していたなどだと、あとあと厄介な問題になるかもしれませんが。

とりあえず、相手がどのような経緯で借金をしたのか。どのような考えがあって借金があることを告白したのかを冷静に見る目が必要です。

ただ一つ言えることは、借金を洗いざらい白状させないと終わりません。そのためにはそのかたの性格を考えながら、優しくいくかきびしくいくかを決めてください。決して八つ当たりのような態度はしないほうが得策です。

貸し出し禁止依頼をするのが効果的かもしれません。

実はブログランキングで●位になってます。

結論から先に言うと、連帯保証人になっていなければ支払う義務はありません。
家族や身内の借金で、自分に取立てが来るのではないかと思っているかたは数多くいるようです。

しかし、親・兄弟・子供・親戚・はたまた恋人などの借金の返済義務は法律的にはありません。

「あんたの親父に100万円貸している。あんたの親父が払えないならあんたが払え!」
と言われたとしても、保証人でなければあなたに借金の返済義務はありません。

債権者からの電話があまりにしつこいので、払ってしまったという話はよく聞きます。

しかし、借金の返済義務はないので極端な話、無視してもかまわないということになります。それを知らないかたが数多くいるというのも事実です。

一回払ってしまうと、「こいつに支払いをさせよう」と債権者は思ってしまうので、執拗に借金返済をせまってきます。

金融監督庁の事務ガイドラインの中に、次のような行為をしてはならないこととあります。「法律上支払義務のない者に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立てへの協力を要求すること。」取立て行為が規制されています。

金融監督庁が、「法律上支払義務のない者は払う必要はありません」と言っていますので、身内であろうが、払う必要はありません。

もし取立てされたら、貸金業の規制に関する法律の第21条(取り立て行為規制)に違反していると文書で申し立てするのが確実です。いくら身内でも連帯保証人でなければ借金の返済義務はないのですから、強気で拒否して大丈夫です。

実はブログランキングで●位になってます。

連帯保証人とは、お金を借りた人(債務者)が借金を返せなくなった場合に
債務者のかわりに返済しないといけない人のことをいいます。

連帯保証人になるということは、債務者と一緒に借金を背負うという意味にもなってしまいます。

「債務者が返せなくなったら私が返しますので、お金を貸してください」
そう言っているのと同じなのです。

連帯保証人に資産(土地や建物など)が有れば差押の対象にもなります。
連帯保証人の家族の資産までは影響はありません。

債権者から、「○○さんが行方不明なので、あなたが支払ってください」と言われても文句を言う権利(抗弁権)もありません。

サインをしてしまえば、知らなかったではすまされません。

低額の借り入れの場合は、あまり連帯保証人は必要ないのですが
高額の借り入れになると、連帯保証人が必要になってきます。

やっかいなのはそこなのです。

債務者が返せなくなる(はじめから返すつもりがない人もいます)ぐらいですから、連帯保証人が負う負担はかなり大きいものになることが多いです。

10万単位ではなく100万・1000万単位のことが多いのも問題です。

そのため、連帯保証人のトラブルはあとをたちません。
基本的には、連帯保証人になってくれと言われたら断ったほうがいいと思います。

断り方としては、
「以前連帯保証人になって大変な目にあったことがある」
「妻(夫)が連帯保証人で借金を背負わされた」など

以前連帯保証人で苦労させられたから、もうこりごりだということを伝えてください。

親しい人からの頼みの場合、断りにくいとは思いますが断ったほうがいいです。

もし連帯保証人になるのであれば、その借金を将来払わなければいけないかもしれないという覚悟が必要です。連帯保証人=債務者ということを忘れないで下さい。

実はブログランキングで●位になってます。